残業を100時間しても、社畜にはなれない。

日想

Pocket

ここ最近、珍しく一生懸命仕事をしてみたのですが、社畜の道はまだまだ遠いようです。仕事が落ち着いたので、ちょっと振り返ってみたいと思います。

汝は社畜なりや?

仕事がドタバタしておりまして、細かいところは置いといて、計算してみると、だいたい残業100時間(/月)くらいはしていたと思います。

もっとご多忙な方も多いと思いますが、私自身の相対的な仕事時間としては、そこそこ多い方です。とはいえ、「疲れたー、今日は会社を休もう」という風に、自分のペースで適当に会社を休んでいるので、仕事時間の総合計は、そこまで多くない気がします。

夜24時前に会社を出ることがほとんどない時期があったり、客観的に見ると、なんだか「これは社畜っぽいんじゃないか」と思ったので、ふと振り返ってみました。

「社畜見習い中」というブログタイトルにしていますので、たまにはこんな記事もいいかな、と。

結論からいうと、やはり「社畜」にはなれていなさそうな気がします。いや、自覚がないだけなのかもしれません。

今日は、そんなお話です。

そもそも、社畜ってなんなんだ?

ブログタイトルに「社畜」という言葉を使っておきながら、あらためて「社畜」の意味を考えると、よくわからないなぁというのが正直なところです。なんとなくのイメージしかありません。

検索して、いろいろ見てみます。

うーん、わかるようなわからないような?愛読している『脱社畜ブログ』(日野瑛太郎さん)もあらためて読んでみました。

特徴的なところをピックアップしてみると『理不尽な労働環境において、長時間労働をしている会社員のこと』『組織の歯車として、滅私奉公的な働き方をしている』といったところでしょうか。

ブラック企業を想起させられますが、社畜には、ブラック企業だけではなくて、大企業も含まれているのでしょう。会社の歯車、といったニュアンスも含まれているような気がします。

メガバンクやメーカーのように、相対的に待遇がいい会社でも、「社畜だ―」って言っている方もいますもんね。

社畜的仕事とはなんだろう。

で、自分の仕事を振り返ってみますと、

  • 〆切はあったが、ほとんど自分のペースで仕事ができた
  • 自分の経験的にプラスになる仕事
  • 労働時間と成果分の見返りはもらってる

という状況だったので、いわゆる社畜的な感じではなかったような気がします。相当なプレッシャーがあって、生きた心地がしない場面もありましたが、いい経験だったかな、と。

完全に新規の仕事だったので、周囲の人もどんな仕事か把握できないため、完全に自分のペースだったんですよね。当然、上の人にサポートをお願いすることもありましたが、最終的なゴール以外、特に細かい指示もなく。

労働時間が長かった一因は、アメリカとイギリス、アジアの人と仕事をしていて、時差があったからです。でも、海外の人との仕事は、自分のキャリアにとってはプラスの経験だったので、問題なし。

で、働いた分は対価をもらっていますし(別に待遇はよくないですが)、理不尽な感じもしません。

あと、たとえば「これ、転職でアピールできそうな経験だなぁ」と思えば、多少大変でも乗り越えられますよね。

今回は大分ラッキーだったのでしょう。でも、そもそも普段から、仕事内容が結構自由だったり、自分で作ってくればOkみたいな環境なので、ベースがゆるいんだと思いますが。

これが逆に、

  • 上から仕事をどんどん押し付けられる
  • 単調でやりがいのない仕事
  • サービス残業が多い

みたいな状況だったら、厳しいですよね。そんな環境だったら、「社畜だなぁ」って感じるのかもしれません。

クライアントの無茶な要望を押し付けられるIT業界のエンジニアを思い浮かべますが…。

まぁ、あと、あれですね。私は会社に対する忠誠心と帰属意識が希薄なんですよね、きっと。

自分にとってプラスがある(経験やお金)と思えれば、ちょっとは社畜じゃない感が出てくるのでしょうか。外資系のコンサルや金融なんて、膨大な仕事時間だと思いますが、「社畜」って感じじゃないですもんね。

そう考えると、国内企業みたいに、転勤・異動がよくあって、自分の意志が反映させにくい会社だと、社畜感が出てくるのかなぁ。

あまり大志もないですし、私はしばらく社畜見習いのままっぽいです。今後、もし転職したら、もっと社畜ライフな感じになっちゃうのかもしれませんが。

果たして、それに耐えられるのだろうか・・・。もうちょっとちゃんとサラリーマンをせねば。

まとめになりますが、残業100時間しても、自分が納得できちゃってると、自覚的な社畜にはなりにくいのかもしれませんね。

それが、理不尽な仕事だったり、劣悪な環境だったりすると、もう完全にブラックの香りが漂ってきますが…。

遠くから眺めれば、私も広義の社畜には入っているのかもしれませんが、なるべく客観的に見ても、まぁ今は自分的にはセーフな感じがしています。

一方で、私は、「社畜」という言葉を、前向きな意味でも捉えています。

自分を滅しても、会社のために尽くす、みたいな熱い仕事ぶりで生きてみたい、という想いも頭の片隅にはあります。

仕事は熱心にやることもあるんですが、そこまでの意気込みと気迫が、足りないんですよね、私には…。

社畜見習いから、真の社畜へのジョブチェンジは、まだまだ遠い道のりなのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

[日想] 新刊が傷だらけの本屋

私は読書が好きなだけではなく、本そのものや、本屋さんが好きだったりもします。 「本屋に行くと行ったき

記事を読む

no image

[日想] 村上春樹ファンの行列をテレビで見ると、「ドラクエ3」をなぜか思い出す。あと、ハルキストってなぁに。

先日、テレビのワイドショーで、村上春樹の新刊が取り上げられているのを見ていました。行列と熱狂的なファ

記事を読む

no image

[日想] シンガポールは街なかにゴミ箱があふれ、日本ではコンビニに家庭ごみがあふれる。

シンガポールは、ゴミのポイ捨てに罰金が課されます。それだけ聞くと「なんて厳しい国なんだ」って思うかも

記事を読む

no image

[日想] ハロウィンに足りないのは、お金の匂いではないか

最近は、子供世代では、徐々にハロウィンが流行りつつあるそうです。ボトムアップですね。とはいえ、今夜は

記事を読む

no image

毎年恒例の『世界報道写真展2014』に行ってきたよ。東京都写真美術館は今年まで!

ちょうど1年前、『世界報道写真展2013』に行ってきた記事を書きました。今年も行ってきましたよ!『世

記事を読む

no image

[日想] オリンピック実施競技でレスリングは応援しても、空手は応援しないの?

テレビを見ていると、オリンピックの競技候補選びのニュースは、レスリングのことばかり。候補のひとつに、

記事を読む

no image

[日想]上司「いつやるんだ?」部下「今でしょ!」上司「あぁん??」誰もがネットの流行りを知っていると思うな

先日、山手線ホームで見かけた光景です。 東進ハイスクール林先生の「いつやるの?」「今でしょ!」

記事を読む

no image

結婚からの、子作り・マンション購入・保険加入という同調圧力が気持ち悪い

120%主観的な愚痴であり、多くの方が不快になる内容を含んでおりますので、ご注意ください。結婚後のパ

記事を読む

no image

[日想] 『やめるべき』リストをつくってみた。社会人生活に使える3つのリスト

普段、ToDoリスト、やることリストを使って、仕事を管理しています。そんななか、「『やめるべき』リス

記事を読む

no image

[日想] バリウムを飲むと必ず加藤茶を思い出す。幼少期の刷り込みは、意外と大切かもしれない。

健康診断でバリウムを手に持った瞬間に、脳裏に加藤茶と志村けんが出てきます。毎回必ず。無意識的な思考の

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑