[書評] 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』城繁幸

書評ノート

Pocket

「こんな働き方でいいんだろうか」と誰しも一度は考えるのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、その疑問に真正面に向き合った若者たちの物語です。

城繁幸さんといえば、『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』という本が有名です。そのタイトルを受け継いだような本が、今回取り上げる『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代』。

今までとは、少し違う生き方・働き方をする若者を本書では取り上げています。内容は、「アウトサイダーズ 平成的生き方のススメ」という連載に加筆修正。連載ものだけあって、テンポよく読み進められます。

「こんな生き方もあるんだな」って、読んでいて勉強になりますね。群像劇のような本で面白かったです。

昭和的価値観から平成的価値観へ

終身雇用、年功序列・・・決まったレールに乗るサラリーマン。そんな生き方に疑問を感じた若者たちが、レールを降りて、新しい生き方を模索しています。

登場人物は、バラバラ

本書の魅力は、いろいろなキャリアの人が登場してくることです。登場人物を一覧でピックアップしてみましょう。

  • 大手流通企業⇒外資系生保。年収が20倍
  • 新卒で、外資系投資銀行
  • 大新聞社の文化部記者
  • 日本のIT企業で世界に勝負したい人
  • 大手広告代理店の管理部門で、独立を目指す
  • 建設現場・販社営業⇒中小企業人事⇒大手メーカーの系列⇒米国メーカー日本法人人事マネージャー(33歳)
  • 大手日本企業⇒社費でMBA取得⇒新興の日系コンサル
  • 大企業からNFL
  • 大手会計事務所⇒執筆⇒独立して会計事務所(山田真哉)
  • 東大文学部卒業⇒出家
  • 大手企業本社の海外統括部門のグローバルエリート⇒バーテンダー
  • 国家公務員(文科省)⇒プライベートで公務員の転職支援+民間の人材紹介会社のコンサルタント

それぞれの登場人物が、どんなことを考えて、どう働いてきたのか、なぜ今の仕事を選んだのか、を語っています。

若者だけが、原因ではない

本書を読んでいて、興味深かったのが、企業の求めるものと、それに対する若者との関係性についてです。

「君のキャリアビジョンは?」「そのためにどういう自己投資を行ってきましたか?」

企業は採用数を抑制し、幹部候補たりえる人材にターゲットを絞った。つまり、向上心と主体性を持った学生だ。それを勝ち上がった若者は当然、常に自分の将来のビジョンについて高い意識を持っている。レールに乗りそびれた人間は言うまでもない。彼らにはそもそもレールなど無いのだから、どこへ行って何をするかは、自分で決めるしかないのだ。

企業が若者に求めた素質が、結果的に脱昭和的価値観の萌芽となったのは、実に皮肉な話だろう。(p117)

次のも面白い視点だなって思いました。

金武貴氏は外資系投資銀行、外資系コンサルティングファーム、米系投資ファンドなどでキャリアを重ねてきた、いわば”その道”のプロである。彼らは若者の質の低下を嘆く企業に対して、冷ややかな意見だ。

「最近の若者は・・・という人たちは、その程度の学生にしか相手にされていない、という言い方もできるでしょう」(p179)

確かに、そうかもしれませんよね。ちょっと痛快。

「神谷町オープンテラス」「彼岸寺」

余談ですが、本書で登場する東大から僧侶になった松本圭介さん。

「神谷町オープンテラス」を運営している方だったんですね。光明寺境内にあるんですが、ご自身が光明寺に所属しているそうです。

すごく好きなんです、「神谷町オープンテラス」。運営時間が平日昼間なので、なかなか行く機会がないんですけどね。

公式ページ「神谷町オープンテラス

ヒルズクラブのページ」の方が写真があってわかりやすいかもしれません。

近くに行く用事がありましたら、ぜひ立ち寄ってみてください。いい空間です。

宗派を超えたインターネット寺院「彼岸寺」も運営しているそうです。面白いサイトですよねぇ、これ。

と、話が逸れましたが、色々なキャリア・生き様を読んで、あらためて自分を振り返る、そんな機会になるオススメの一冊です。

この本を読んでいて、なぜか、小林紀晴さんの「ASIA JAPANESE」を思い出しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【これは必読!】『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』ぐっちーさん

はっきりいいますが日本中で悲観論が主流になるのは消費税を上げたくてしょうがない財務省のプロパガンダで

記事を読む

【ひろゆき×ホリエモン×勝間和代】『そこまで言うか!』を今更ながら読んでみた。

西村:まだ、「ブタ」と呼ばれるのは慣れていないんですか?堀江:デブとブタって言われるのは慣れたけど。

記事を読む

【時間について考える】『すべては「先送り」でうまくいく ――意思決定とタイミングの科学』フランク・パートノイ

バフェットはこうも言っている。「我々の仕事は、行動を起こすことによって報酬が得られるわけではない。正

記事を読む

『「先延ばし」にしない技術』イ・ミンギュ

いちばんやりたくな仕事、いちばん恐れている仕事のほとんどは、あなたが絶対にやらなくてはならないことだ

記事を読む

【ハフィントン・ポスト創設者】『誰が中流を殺すのか』アメリカが第三世界に堕ちる日 – アリアナ・ハフィントン

「アメリカ人の5人に1人が失業中か不完全雇用の状態にある。9世帯に1世帯がクレジットカードの最低支払

記事を読む

[外資転職者必読] 名著『英文履歴書の書き方』が新しくなった!Linkedinにも対応!

英語書籍コーナーに立ち寄ったら、『英文履歴書の書き方』の最新バージョンが発売されていました!大幅に内

記事を読む

【無駄な努力をするな】『できる人は満員電車に乗らない』松尾昭仁

勇気を持って人と違う行動をとること。相手の立場にたって人が喜ぶことを積極的にすること。その結果、自分

記事を読む

【自伝的小説】『拝金』堀江貴文

「そうだ、欲だよ。欲望が金の価値を定める。そしてそれは人によってケース・バイ・ケースなんだ。本来、金

記事を読む

『仕事漂流』就職氷河期世代の「働き方」稲泉連

「10年続けたらヒラから主任、係長、課長になっていくのですが、やっている仕事は変わらない。マネージャ

記事を読む

岡田斗司夫の名著『ぼくたちの洗脳社会』が無料で読める!

農業時代の人々は、狩猟時代を振り返って、「いつ飢え死にするかも分からない、野蛮な世界」と語りました。

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑