ポンパレモールの行方~『楽天 vs リクルート』の仁義ある闘い

ニュース考察

Pocket

楽天のエントリを書いたついでに、今回はリクルートとの話でも。先日、リクルートから、ショッピングモール事業「ポンパレモール」を3月15日より開始する、という正式発表がありました。

スポンサーリンク


楽天を狙うリクルート:ポンパレモール

今回、ついに、楽天の本丸である「楽天市場」の競合サービスを開始するリクルート。

リクルートは、このほかにも、最近ゴルフ事業で「楽天GORA」に対抗して、「じゃらんゴルフ」をスタートさせました。

リクルートが未開拓で、楽天が、ある程度マーケットを握っている分野への進出が目立ちますね。

※ポンパレモールのホームページ
http://www.ponparemall.com/

参考:プレスリリース「ショッピングモール事業「ポンパレモール」サービス 3月15日開始予定のお知らせ

楽天とリクルートの事業のすみわけ

@takanori1976さんの記事「リクルート・ヤフー・楽天の比較」が、非常にわかりやすくまとめられています。すごい。

人生の転機をもれなくカバーするような事業展開をするリクルートと、楽天市場を中心に、EC主力で事業を展開している楽天。リアルvsネット。

現状、うまくすみわけながら、お互いの主力市場にちょっかいを出し始めている、という状況でしょうか。

今回は、リクルートの事業を軸として、いくつかの事業分野を見てみましょう。

就職・結婚はリクルートが圧勝

就職といえばリクナビ。もう圧倒的です。ちなみに、就活でお世話になる「みんなの就職活動日記(みん就)」は楽天ですね。

結婚市場は、ほぼ独占状態のゼクシィ。紙がネットよりも強く、ライバルがいない結婚市場。ネットだけで勝負する楽天ウェディングは、分が悪いです。

就職サイトは、マイナビ、en、日経など競合が頑張っている印象がありますが、結婚サイトは、ぐるなび、マイナビがあれど、現状はゼクシィ一人勝ち状態ではないでしょうか。

就職、結婚。どっちも共通して耳にすることは、「掲載料がバカ高い」。

常日頃から転職サイトをよくチェックしますが、中途採用は、リクナビに出さずに、日経やマイナビに掲載している企業が目立ちますね。

自社のホームページでの中途採用でも、マイナビに転送される、という企業も見かけます。

ホットペッパービューティは、最近スゴイらしい

美容業界におけるホットペッパービューティーの存在感がスゴイ、と耳にします。私が通っている美容師さんも言ってました。

ホットペッパービューティ
http://beauty.hotpepper.jp/

急成長のひとつの要因が、ホットペッパービューティーに掲載すると無料で使える「SALON BOARD」という予約・顧客管理システムの存在でしょう。

ホットペッパービューティーでの予約はもちろん、他の予約も「SALON BOARD」で管理できます。ほかのシステムいらず。

美容業界は、他の業界に比べれば、個人経営が多く、資本規模が小さいですよね。そのため、相対的にシステムにお金をかけにくい状態でしょう。

そこで、「SALON BOARD」の登場です。システムは、一度使い始めると、便利で止めにくく、スイッチしにくいものです。ましてや無料。がっちりリクルートに囲い込まれますね。

ホットペッパービューティー自体の掲載料が、そこそこのお値段、というオチはありますが、コンビニよりも店舗数が多い美容業界。宣伝費としては、妥当なのでしょう。

ゼクシィの持つ表現に対するイメージの良さや、ホットペッパーという名前の知名度が、ホットペッパービューティーの支えになっているのかもしれません。

楽天は、「楽天サロン」を展開しています。しかし、イメージが大切な美容業界。リクルートに軍配が上がりますね。

真っ向勝負!旅行業界

リクルートと楽天が最も拮抗しているのが、旅行業界ではないでしょうか。宿泊予約サイトは、「楽天トラベル」と「じゃらんnet」とで、ほぼ2強状態ですね。

ビジネスに強い「楽天トラベル」とレジャーに強い「じゃらん」。そんな特徴があるとはいえ、お互いに、相手の強い分野を攻めに入っているのでしょう。

宿泊予約サイトでは、先輩の楽天、後輩のじゃらん。じゃらんの方が、後追いの印象があります。

最近だと、飛行機・電車+ホテル・旅館というダイナミックパッケージに力を入れているようですが、これも楽天が先陣を切っていたように記憶しています。

今後の「ポンパレモール」の行く末を占う上で、リクルートが楽天に挑戦した事例として、宿泊予約サイトについて、ちょっと深堀りしてみましょう。

「楽天トラベル」に追いついた後発の「じゃらんnet」

まず、簡単に歴史を振り返りましょう。ざっくりいうと、楽天トラベルの母体のひとつが、国内初の宿泊予約サイトでした。(詳細は、楽天トラベルのWikipediaをご覧ください)。

一方、じゃらんは、元々雑誌媒体が主力で、その派生として、ネットに進出した経緯があります。

楽天トラベルの独走

インターネット黎明期は、楽天トラベルの母体のひとつである国内初の宿泊予約サイトが、先行者利益で独占状態(のちにこのサイトは、楽天トラベルが買収)。

その後、大手各社が参入するも、先行者利益+ネット専業の強さから、楽天トラベルが一歩前に出た状況が続きます。

楽天トラベルに依存し始めるホテル・旅館

かつて、多くのホテル・旅館は、JTBを中心とする旅行代理店に依存し、振り回されていました。当時、楽天トラベルが独走する中で、インターネット予約においても、似たような状態になります。

手数料値上げ

ひとつの転機は2005年、楽天トラベルの契約改変。手数料値上げです。売上の一部を楽天トラベルに頼っている中、「手数料が上がるなら、楽天トラベルへの掲載を止めます」といえるホテル・旅館は、ほとんどありません。

販売を1社に依存することのリクスが、あらためて鮮明になりました。

楽天市場でも、出店費用・手数料の改変が行われ、似たような状態ですね。最近も、課金体系変更に伴う送料負担の問題が、出店者側に波紋を呼んでいました。

じゃらんの反撃

値上げに従うしかないホテル・旅館。そんな不満がたまり、1社独占の危険性が再度認識され始めたとき、じゃらんが反撃に出ます。

楽天トラベルに比べた手数料の安さを謳い、さらに一定期間、手数料をさらに安くするキャンペーンを展開します。

そこで一気にシェアを伸ばし、現在のような、「楽天トラベル」と「じゃらんnet」の2強時代が訪れました。

めでたし、めでたし、と一筋縄ではいかないのが両雄。その後、2社とも、手数料の値上げがあったんですよね。

じゃらんnetの値上げは、今回の「ポンパレモール」のひとつの肝である、「じゃらん×ホットペッパーポイント」に関係してきます。

リクルートはじゃらんの夢を見るか?

ということで、ちょっと脇道に逸れて、「楽天トラベル」と「じゃらんnet」について、触れてみました。

1社独占状態かつ、課金体系に不満がたまりがちな「楽天市場」。当時の楽天トラベルと似たような状況ですよね。

そこで、今回の「ポンパレモール」のメリットを整理すると

  • 利用者のメリット:ポイント付与率3%(楽天は1%)
  • 出店者のメリット:システム利用料2.5%(楽天の半額程度)

といったものがあります。

はたして、「ポンパレモール」は、「楽天市場」の牙城をどこまで崩せるのでしょうか。次のじゃらんになるのか。しかし、そこには厳しい壁が立ちはだかっています。

そう、泣く子も黙る「楽天スーパーポイント」の存在です。

逆立ちしてもかなわない「楽天スーパーポイント」の存在

リクルートが推進している「じゃらん×ホットペッパーポイント」。ポイント対象の主力は、じゃらん(旅行)やホットペッパービューティー(美容)でしょう。

参考:じゃらん×ホットペッパーポイントとは

ホットペッパーグルメも対象ですが、あくまで「食事券」。あとは、ポンパレやじゃらんゴルフなど。

たしかに、楽天市場・トラベルとも1%付与に対して、じゃらんは2%付与、ポンパレモールは3%付与、と頑張っています。

でも、そもそも貯まったポイントの使い勝手、悪いですよね?

一方で、「楽天のスーパーポイント」は、日用品・食品・書籍はもちろん、あらゆるものにポイントがつきます。そして、使えます。

さらに、「楽天カード」や「楽天Edy」での買い物にもポイント付与。

自社サービス圏内に留まっているリクルートのポイントプログラムに、現段階では勝ち目はないでしょう。

「ポンパレモール」の役割

プレスリリースを読むと、ポイントプログラムと「ポンパレモール」の役割について、ちゃんと書いてあります。

「ポイント交換が可能な品揃え拡充を目的として、要望の声が高かったデイリー領域の品揃えを中心としたショッピングモール」

やはり、まず取り組む課題は、ポイントプログラムの強化なんでしょうね。

現状、じゃらんは、楽天トラベルと拮抗しているとはいえ、楽天ポイントの優位性により、楽天トラベルが依然として強いままです。しばらくはその傾向が続くのでしょう。

ポイントの使い勝手が悪いままだと、「じゃらん×ホットペッパーポイント」をいくら付与したところで、結局何も変わらないですもんね。

とはいえ、楽天も「Rポイントカード」の発行で、リアルの分野を強化しようとしている様子。

さらに強固になろうとしてる「楽天スーパーポイント」に対して、リクルートは、どういう施策を取っていくのでしょうか。楽しみですね。

「ポンパレモール」への期待

ポンパレモール」の目的に、ポイントの利便性向上が謳われているとはいえ、ECサイトとして、今後どんどん存在感を増してほしい、と個人的には期待しています。

今回は、楽天とリクルートの対比で書きましたが、当然Yahoo!もありますし、Amazonの「Amazon Pages」の存在も気になるところ。

各社が競合を睨みながら、どういう展開をしていくのか、気になりますね。

1社独占の状況が崩れることで、出店者にとっても、利用者にとっても、メリットが大きくなりますもんね。それが、健全な市場の状態といえるのでしょう。

以上。

思いのほか、長くなりすぎて、数回にわければよかったのか、と少し後悔しています。いつか、記事を分割するかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

全大学の受験資格にTOEFLって必要か?受験料収入は100億円超。賛成?反対?

「全大学・全学部を対象に、大学受験資格にTOEFL導入しましょう」という提言を自民教育再生本部が、ま

記事を読む

book150x150

村上春樹的マーケティング活動 ~『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に関する戯言~

4月12日に、いよいよ村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売されますね!

記事を読む

no image

Facebook・Twitterなど大手SNSの「.jp」と日本語ドメインの現状について調べてみた

Pinterestが「.jp」ドメインの取得に動いている中、他のサイト・サービスはどうなのだろう、と

記事を読む

no image

米ソーシャルバブルIPOの残骸はいま?Facebook、Zynga、LinkedIn、Groupon、その他

「ポンパレ vs グルーポン」のエントリを書きながら、グルーポンCEO更迭のニュースを横目に見つつ、

記事を読む

no image

アメリカ企業の株価データをCSVでダウンロードする方法:5つのステップ

「ソーシャルバブルのIPO」のエントリを書く前に、各企業の株価のグラフを作成しようとしました。 その

記事を読む

no image

グルーポンさん、お元気ですか?ポンパレは、元気です。

「楽天 vs リクルート」のエントリーで、「ポンパレモール」のことばかりを書いていたら、「ポンパレっ

記事を読む

no image

Yahoo!(ヤフー)ショッピング、ヤフオクを無料化して、どう稼ぐのか。背景を想像してみた。

Yahoo!ショッピングの実質無料化とヤフオクの条件緩和のニュースが発表されました。「いったいどこで

記事を読む

no image

楽天は楽天生命を始めたけど、リクルートは保険やらないの?

楽天がいよいよ生命保険へ本格参入することになりました。「楽天生命」の概要に簡単に触れながら、全く関係

記事を読む

no image

楽天GORAによる「楽天チェックインサービス」の試みが面白い理由

楽天GORAが、ゴルフ場にスマホで簡単にチェックインできる「楽天チェックインサービス」を開始します。

記事を読む

no image

社会人必見のテレ東ビジネス番組が月額525円で!ガイア、カンブリア、WBSなどをオンデマンド配信

普段、あまりテレビを観ないようにしています。ですが、ガイアの夜明けやカンブリア宮殿など、いくつかチェ

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




  • 申し訳ありませんが、まだデータがありません。

PAGE TOP ↑