結婚からの、子作り・マンション購入・保険加入という同調圧力が気持ち悪い

日想

Pocket

120%主観的な愚痴であり、多くの方が不快になる内容を含んでおりますので、ご注意ください。結婚後のパターンがみんな同じ過ぎるのと、「なんでそうしないの?」的な同調圧力が気持ち悪い、という話です。

新婚生活テンプレートのススメ

先輩後輩問わず、身の回りの人は、既婚者が増えてきました。結婚するとすぐに話題になりがちなのが、出産、マンション、生命保険の話ですよね。

結婚を機に必要なら保険を見直したり、新しく加入。大体1年以内くらいで子供を作り、奥さんは育休。で、子供の目処が立つか立たないかのタイミングでマンション購入を検討する、というのが、ごくごく一般的な流れだと思います。

一方、私は結婚して2年ですが、子供はまだ作らず、マンションは買う気なし、生命保険には入っていない、という目を覆いたくなるような状況です。

もちろん、自分の意志です。

で、そんな状態ですので、「子供作らないの?」「なんでマンション買わないの?」「生命保険くらい入ったら?」みたいなことを、会社の人等から言われることが、たまにあります。

(グチダカラ、ナガイヨー)

正解はひとつではない

結婚⇒保険⇒赤ちゃん⇒マンション購入、という流れが悪いと言っているわけではありません。いえ、むしろ一般的ですし、正しいと思います。

そこではなくて、私が違和感を覚えるのは、「同調圧力」です。

極端に表現すれば、「これが唯一の正解なんだ。お前はなんでそうしないんだ。間違っている」ということですね。

なんというか、人それぞれ考え方があるし、リスクの許容度も感じ方も人それぞれだと思うんですよね。

私は、一応、色々考えて、それなりの理由があって、選択している結果に過ぎないんですが、それを伝えると「え?なんで?」とか「それはおかしくない?」とか言われることがあります。

で、そういう人に限って、逆に「なんでそうしているんですか?」と聞くと、「周りもそうしてるから」とか「なんとなく」みたいな感じの答えが返ってくることがあります。理由がない。

「正解なんてないんだから、考え方の違いはあっても、正しいか間違っているか、なんてないだろう」と思いながら、適当に話を流してしまいます。

テンプレート化された結婚後のプロセスに乗るのが一番安心だと思いますし、基本的には正しいと思います。

でも、それだけじゃないですよね?

私の感じていた違和感をうまく伝えられないのですが、最近結婚した人の周囲を見ていたら、久々に感じたので、ブログに書いてみました。

私自身は、正直どっちでもいいのですが、せっかくなので、それぞれについて話してみたいと思います。

生命保険にはいつ入るの?「今でs・・」

私は、生命保険に入っていません。これは、単純に私がよくないと思っています。先延ばし的な感じになっているので、そろそろ入らないとなーと。

でも、私がもともと考えていた加入のタイミングは、赤ちゃんが生まれたとき、なんですよね。しかも、掛け捨て。

生命保険の役割は、親が亡くなったときに、子供が困らないようにするためのものだと思っているので、そのタイミングでいいのかな、と。

子供がいない状態であれば、私が死んでも、共働きの奥さんは普通に働いているし、実家もあるし、とりあえず、生活はしていけるでしょう。

以前、税金、保険、相続などについて集中的に勉強していた時期がありました。実際に話を聞きにいったり、とか。

で、そのときも、家計管理や生命保険の本も色々手にとったんですよね。生命保険については、「子どもができるのが目安」っていう意見が多かったんですよね。

「あれ?なんか周りが言っていることと違うなぁ」と思いつつ、「じゃ生命保険はまだいいか」という結論になり、今に至っています。

ダメ?やっぱりダメ?

ちなみに、同調圧力をお持ちの方々は「遅くとも結婚したら入るものだ」という前提が多いので、上記の理由を説明しても、「いかんものはいかん」という話になってしまいます。

赤ちゃんはどこからくるの?

あ、セガのゲームの話じゃないです。出産についてです。

不妊とかではなく、単純にまだ子供を作ろうとしていません。

とはいえ、奥さんの年齢的にも遅くなるのはよくないと思いますので、そろそろかと思っています。

が、これも、また別の要因と関係しているので、まだ様子見です。それに、共働き夫婦ですし、色々なライフスタイルとか考えたかがあると思っています。たとえば、しばらくは、たくさん旅行したいとか(しないけど)。

が、通じない。もうこれが通じない。

「子供は作らないの?」⇒「いや、まだちょっといいですね」⇒「え?なんで?」⇒「あれこれ」⇒「え?なんで?」

マンションは分譲?賃貸?

子供はそのうち作るし、生命保険もそのときまでには入るのでまだいいとして、一番よく言われるのが、マンション。

現時点の考えでは、マンションを購入する気がありません。

何らかの理由で、考え方は変わるかもしれませんし、今のタイミングではなくて10年後に買おう、という風になるのかもしれません。

でも、今のタイミングでマンションを買う気がないんですよね。

ですが、私の周りの既婚者は、大体マンションを購入しています。超アウェーです。少数の賃貸派の人は、大体以下のような似た意見を持っています。

経済的に考えれば、きっと分譲の方がお得だと思います。損得でいえば。

私が、マンションを購入できない理由は、リスクの問題だと思っています(ここでいうリスクは、「危ない」という意味です)。要するに、ネガティブで肝っ玉の小さい人間なんですよね、私。

莫大な借金を抱えてまでほしいと思わないのと、住所が固定されるのが嫌なんだと思います。

住むところが動かせないことへのストレスが、私にはちょっとキツイなぁと。

小さい話なんですが、実例でわかりやすいと思うのでご紹介しますが、今住んでいるところって、隣の人が、ベランダでタバコを吸うんですよね。なので、たまに外がタバコ臭いです。夫婦共々タバコが大嫌いなので、仮に今住んでいるところが分譲だったら、そのストレスとずっと付き合っていくか、隣人と一生懸命話し合うしかありません。面倒くさい。

奥さんがかなり綺麗好きなので、一生もののマンションに住んだら、日々気を遣った生活をする必要が出てきます。疲れる。

あとは、情報漏洩で住所が流出するリスクと、震災リスク。前者はなんだか大変な目に合った人が身近にいて、後者は東日本大震災前からずっと言ってました。

しかも、まだ人生設計が固まる時期じゃないですよね。勤務地、子供の人数など、まだ不安定な時期に一生ものを買うべきではないなぁと。

いい物件を買って、どこかのタイミングで転売するのはいいと思います。そんないい物件を購入できればの話ですが。

そもそも、そんなにお金を出せるなら、収益物件を取得して運用した方がいいんじゃないか、とか。才覚がないですけど。

私の条件と環境下では、マンション購入に踏み切れる状況ではないな、と。なんか耳年増になってしまっているだけな気がしますが。

それに、私が、全然稼いでないですし。うん、多分それが一番の問題ですね。うん。うん・・・。

別にマンション購入はを否定する気は全くありません。分譲マンションでの暮らしはひとつの夢ですからね。羨ましい限りです。

マンション購入も条件によっては、全然ありだと思うんですよね。

たとえば、住宅取得費用における相続税の非課税制度ってありますよね。こういうのが活用できるのであれば、購入してもいいと思いますし、色々な条件と環境によって決まってくるんじゃないでしょうか。

なので、環境も条件も考え方も違うのに、「マンションを購入するのが当たり前」的な新婚生活観を押し付けられると、なかなか戸惑ってしまいます。

とはいえ、マンション購入の選択肢も引き続き検討はしていきたいと思っています。なにかしら、GOサインが出せる状況になれば、購入の方に動くのかもしれません。

あと、10年以上前から、人口動態を気にし続けてきた身としては、人口減少真っ只中の日本で、老後の住まいは、どこまで気にするべきなのか、判断に迷うところです。

マンションを購入すれば、老後は安心かもしれませんが、築30年以上になるでしょうし、空室率は二極化が進むだけだと思っているのですが…。

以上、愚痴でした。

別に共感をしてほしいとか、愚痴を吐きたいとかではないのですが、なんとなく自分の考えを書いておこうと思い、記事にしてみました。

子供の頃から「人は人、ウチはウチ」と言われて育てらてきた影響が、思わぬところで顕在化しつつある今日このごろです。

人生いろいろ、人それぞれ。みなさんは、いかがでしょうか?

結論としては、私のよくわからん考えに巻き込まれている奥さんが一番かわいそう、という話ですね。はい。ローラ並の「オッケー」って感じではありましたが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

[日想] シンガポールは街なかにゴミ箱があふれ、日本ではコンビニに家庭ごみがあふれる。

シンガポールは、ゴミのポイ捨てに罰金が課されます。それだけ聞くと「なんて厳しい国なんだ」って思うかも

記事を読む

no image

[日想] 村上春樹ファンの行列をテレビで見ると、「ドラクエ3」をなぜか思い出す。あと、ハルキストってなぁに。

先日、テレビのワイドショーで、村上春樹の新刊が取り上げられているのを見ていました。行列と熱狂的なファ

記事を読む

no image

残業を100時間しても、社畜にはなれない。

ここ最近、珍しく一生懸命仕事をしてみたのですが、社畜の道はまだまだ遠いようです。仕事が落ち着いたので

記事を読む

no image

[日想] 書店の本棚をWEB化してほしい

今後、書店に足を運んで本を購入する人は、どんどん減っていきますよね。そんな状況だからこそ、リアルの書

記事を読む

no image

[日想]『嘘をつかない』ことは、難しい。『就活先生』を読んで。

エイプリルフール。嘘を楽しむ日。逆にいえば、普段は嘘を言わない前提の毎日。 ふと、考えてました。私は

記事を読む

no image

[日想] 『やめるべき』リストをつくってみた。社会人生活に使える3つのリスト

普段、ToDoリスト、やることリストを使って、仕事を管理しています。そんななか、「『やめるべき』リス

記事を読む

no image

[日想] 新刊が傷だらけの本屋

私は読書が好きなだけではなく、本そのものや、本屋さんが好きだったりもします。 「本屋に行くと行ったき

記事を読む

no image

[日想] バリウムを飲むと必ず加藤茶を思い出す。幼少期の刷り込みは、意外と大切かもしれない。

健康診断でバリウムを手に持った瞬間に、脳裏に加藤茶と志村けんが出てきます。毎回必ず。無意識的な思考の

記事を読む

no image

『世界報道写真展2013』に行ってきた。

東京都写真美術館で開催されている『世界報道写真展2013』に行ってきました。かれこれ10年くらい毎年

記事を読む

no image

[日想] オリンピック実施競技でレスリングは応援しても、空手は応援しないの?

テレビを見ていると、オリンピックの競技候補選びのニュースは、レスリングのことばかり。候補のひとつに、

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑