「親指シフト」練習開始!日本語入力をスピードアップ!

ツール

Pocket

タイピングのスピードが上がると噂の「親指シフト」の練習を始めてみました。どこまでいけるのか、挑戦していきたいと思います。まずは、練習開始時点での情報を整理していきます。はたして、ローマ字入力を越える日は来るのでしょうか?疑心暗鬼ながらも頑張ります。

「親指シフト」で文章を早く書きたい

最近、PCで文章を書く量が増えました。このブログもそうですね。しかし、タイピングの速度が遅いので、どうしても時間がかかってしまいます。

「書きたいものは沢山あるのに、時間が追いつかない!」と悩んでいました。

で、たまたま目にしたのが、「No Second Life」の立花さんの記事。

情報発信者必読! プロ・ブロガーが実践する パソコンの日本語入力スピードを2倍にする方法

「おお、これはいいんじゃないか」と。さらに、「24時間残念営業」さんのブログも。

親指シフトすんばらしィィィィィィ(追記:ブログ閉鎖されてしまいました)

両者とも、長文でもぐいぐい読ませるブログの方々。

この文章量をこなしているタイピング。ちょっと挑戦してみようと思いました。勝間和代さんの顔も、すこーーしだけ浮かびました。ああ、そういえば、と。

というのが、きっかけです。で、大変なのはここからなんですね。

親指シフトとは

親指シフトとは、通常のローマ字入力ではなく、親指同時押しでキーをタイプすることで、入力するキー数を減らすタイピングの方法です。

詳しくは、Wikipediaに全部載っています。「親指シフト – Wikipedia

デフォルトの「かな入力」よりもさらに効率的に運用できるように考案されたものです。

私の苦手な小指でキーを打つのが少ない、というのがひとつの特徴だと思います。

勝間和代さんが親指シフト愛好者として有名だと思います。別に私は、カツマーではないですが。むしろ対局に位置しております。

キーボードの選定

親指シフトは、専用のキーボードがあるのですが、現時点では購入予定はありません。既存のキーボードで行います。

スペースキーが小さいので、これでとりあえずはやってみます。「変換」+Yはちょっと押しにくいのですが、無理のない範囲だと思います。

使用ソフト・環境

親指シフトの環境については、以下のとおりです。状況によって、随時変えていきます。ブログをローマ字入力から親指シフトに切り替えるタイミングが、ひとつの区切りだと思っています。

  • 使用エミュレーターは「やまぶきR
  • Google日本語入力+やまぶきR
  • 親指左:スペースキー、親指右;変換
  • やまぶきRのスイッチ切り替え:「Pause」ボタン
  • Orzレイアウト」を使わない(使いたいけど…)
  • ブログ:ローマ字入力、Twitter:親指シフト。
  • 会社は基本的にローマ字入力。たまに、親指シフトで入力。

スイッチ切り替えボタンを「Pause」にする理由

スイッチ切り替えについて補足しておきます。

やまぶきRは、1ホタンで親指シフトとローマ字入力の切り替えができます。ON/OFFの切り替えがスムーズなのが楽です。初期設定は、「Scroll Lock」ボタンです。

「Scroll Lock」ボタンON⇒「やまぶきR」がOFF(ローマ字入力になる)

Excel中毒者な私には、ローマ字入力の状態だと、「Scroll Lock」がONになってしまい、非常に使いにくいため、「Pause」ボタンでの切り替えに変更しました。

「Orzレイアウト」が使いたけど…orz

親指シフトは、専用キーボードで行なうのがスムーズです。通所のキーボードだと、運指が不自然なところがあり、手首に負担がかかります。

そんな状況を打破しようと考案されたのが、「Orzレイアウト」です。通常のキーボードでは負担がかかりがちな右手のレイアウトを調整してあります。

「これはスゴイ!」と思ったのですが、Excel中毒者な私は、キーボード一番上の列を多用します。「Orzレイアウト」だと、キーボードの印字とズラしているため、Excelを使う上で、やりにくことが判明しました(たぶん)。

断念…。うまい方法があったら、「Orzレイアウト」にしたいです。

練習方法

練習方法は、「あいうえお」の50音を順番に打っている段階です。

Excelで練習用シートを作成しました。自動的に時間計測&記録をできるようにしたので、練習しながら、日々時間を記録しています。

  • ローマ字入力:22秒
  • 親指シフト:4分30秒

どこまで縮められるのか、日々頑張っていきたいと思います。濁音などはまだなので、50音が慣れてきたら、濁音も含めた練習をする予定です。

50音の練習がある程度進んだタイミングで、次に文書を打ち込む練習に移りたいと思っています。どんな文章にするのか考え中です。

親指シフトの速度をうまく測定できるソフトやサービスを探しています。ちなみに、ローマ字入力では、「e-typing」で計測したら、240wpmくらいでした。かなり遅いです。

Twitterで、練習結果を無機質な文章でつぶやいています。定期的に練習状況をご報告していく予定です。本当にどこまで速くなるのでしょうか?かなり半信半疑ですが、頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

親指シフト途中経過:今感じているメリット・デメリット

親指シフトの練習を開始して、1ヶ月経過しましたので、途中経過を報告したいと思います。といっても、みっ

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑