リクルート『お月謝くん』のサービス概要と狙いを探る

ニュース考察

Pocket

リクルートが『お月謝くん』という習い事やスクールの支払いを一括で管理するシステム・サービスを発表しました。概要を見つつ、リクルートの狙いについて考えていきたいと思います。

オンライン月謝袋『お月謝くん』

ふと思い出してみると、幼い頃に通っていた塾は、月謝袋に現金を入れて渡していたような気がします。小さい子どもの私が、手に持って。

そんな手間をWebとクレジットカードを利用して解決しようというのが、リクルートの「ケイコとマナブ」で開始するサービス『お月謝くん』ですね。

『お月謝くん』とは

ざっくり言うと、『お月謝くん』は、「小さいスクールでも、生徒がクレジットカードで支払うことができるようにする」サービスです。

生徒は、会員登録とクレジットカードの登録。スクール側は、登録された生徒の情報を管理。

双方にメリットがあるサービスなんですね。

■生徒側

  • 現金で支払わずに、自動的に支払えるので、楽チン
  • クレジットカードの支払いでポイントが貯められる

■スクール側

  • 入金確認の手間から解放される
  • 事務作業が大幅に減る

公共料金をクレジットカードで支払うのを思い出すと、『お月謝くん』のサービスがイメージしやすいと思います。

『お月謝くん』は何が優れているのか。

習いごと・スクールって、個人単位だったり、小さい規模だったりしますよね。

小さいスクールが、クレジットカードで決済できるようにするのは、結構大変なことです。費用も手間もかかりますしね。

そんな多くのスクールを対象にしたサービスが、『お月謝くん』。

ようするに、決済代行サービスですね。

リクルートがスケールメリットをだして、一括でまとめてやすますよ、という話です。手数料も低く設定できる。

生徒側も、小さいスクールよりも、リクルートが責任を持ってくれた方が、安心ですよね。

さらに詳しい情報は、プレスリリースをご覧ください。丁寧に紹介されています。

問題です。『お月謝くん』の狙いは?

リリースで『お月謝くん』のサービスが発表されてから、リクルートが、『お月謝くん』をやるメリットはなんだろうか、と考えていました。

結論から言うと、「よくわかりません」。でも、ちょっとだけ推測。

みなさんも、ぜひ、いっしょに考えてみてください。

まず、サービスの収入は、各スクールの決済手数料から、クレジットカード会社へ実際に支払う手数料の差額ですよね。

  • 決済金額の3.95%

リクルートの取り分が何%なのか知りませんが、1~2%程度ですかね。

膨大な数のスクール相手に決済代行をすれば、それなりの売上規模になってくるのでしょうか?初期投資、ランニングコストも問題なし?

浮き沈みの少ない、安定的な収入にはなるような気がしますが、手間に見合うのかが、よくわかりません。

『お月謝くん』のビジネスモデルって、これだけ?違うような気がします。

「ホットペッパービューティー」のビジネスモデル?

「ホットペッパービューティー」が成功した要因のひとつが、「salon board」の存在です。

小さい美容院では、なかなか導入しずらい顧客管理システムを無料で提供しました。広告掲載が条件だったと思いますが。

「ホットペッパービューティー」でうまくいった『システムを押さえて囲い込む』という方法を、スクールに応用しようとしたのでしょうか。

そんなことを考えてみたのですが、あんまりメリットがありませんよね、

囲い込んでも、長期的に考えて、施策が打ちにくそうです。

うーん。

「リクルートポイント」会員を増やしたい

で、実際、『お月謝くん』のホームページにアクセスしてみました。

https://www.ogesshakun.net/cs/mmfExplain/

ここで、ひとつ疑問が解消。

『お月謝くん』を利用するには、リクルートポイント会員になる必要があります

あー、なるほどな、と。

最近、リクルートがリクルートポイント会員の拡大に、非常に力を入れて取り組んでいます。以前、ブログでいくつか書きました。

たとえば、マルクレルは、会員登録しないとサイトに入れません。どのブランドが、どんな商品を販売しているのかが、わからないんですよね。

『お月謝くん』は、1つ1つの金額・売上は少ないものの。利用者数ベースで見れば、将来的には、かなりの規模になりそうです。

「ケイコとマナブ」の集客力で、スクール側が積極的に『お月謝くん』を導入すれば、リクルートポイント会員は増えそうですよね。

どこかのタイミングで、「リクルートカードで払えばポイントプレゼント」といったキャンペーン展開も考えられます。

でも、まだ狙いが十分に理解できていない気がします。芯を外しているというか・・・。

「語学、学習塾、パソコン教室」はなぜ対象外なのか

プレスリリースを読んでいて、一番わからなかったが、『お月謝くん』の対象範囲

語学、学習塾、パソコン教室等に準ずるレッスンを行っているスクールではお月謝くんをご利用いただくことができません。(ご利用には審査が必要です)
ご利用例:お料理教室・音楽教室・ヨガ教室・スポーツジムなど

なんで、「語学、学習塾、パソコン教室」が対象外なんでしょう?

全然、わからない・・・。

「語学、学習塾、パソコン教室」は、基本的にスクール規模が大きいから、『お月謝くん』を使わず、自分たちでやれよってことなんでしょうか。

となると、『決済額の3.95%』が破格ってこと?

コストぎりぎりで会員拡大のために、『お月謝くん』を始めるのか?

それも違うような気がします。なんだろう。

結論としては、やっぱりよくわからん

ようするに、私の経験値だと、もう全然わからんっていう話です。

この辺の分野に詳しい方に、ぜひ解説してほしいです。時間が経てば、色々情報が出てきて、理解できる日がくるのかもしれません。

わからないなりに、自分で色々考えてみる、っていうのも面白いので、今回は良しとしましょう。

新しい情報が手に入ったら、随時更新していきますね!

正解は、全然違うところにある気がしてなりません。気になる・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

社会人必見のテレ東ビジネス番組が月額525円で!ガイア、カンブリア、WBSなどをオンデマンド配信

普段、あまりテレビを観ないようにしています。ですが、ガイアの夜明けやカンブリア宮殿など、いくつかチェ

記事を読む

no image

大学受験、文系も理数必須?『理系の子』を一回読んでほしい。

「TOEFL義務化」の次は、「文系でも理数必須」のニュースも飛び出してきましたね。 一応、理系院卒な

記事を読む

no image

『ハフィントン・ポスト(Huffington Post)』とは、どんなメディアなのか?

「ハフィントン・ポスト」がついに日本上陸!朝日新聞との合弁のですね。そもそも、「ハフィントン・ポスト

記事を読む

no image

『架空の歴史ノート-1 帝国史 分裂大戦編』にみる日本人のネットにおける無限の才能について。

『架空の歴史ノート-1 帝国史 分裂大戦編』という本が、アマゾンのKindleで販売されている、とい

記事を読む

no image

Facebook・Twitterなど大手SNSの「.jp」と日本語ドメインの現状について調べてみた

Pinterestが「.jp」ドメインの取得に動いている中、他のサイト・サービスはどうなのだろう、と

記事を読む

no image

Yahoo!(ヤフー)ショッピング、ヤフオクを無料化して、どう稼ぐのか。背景を想像してみた。

Yahoo!ショッピングの実質無料化とヤフオクの条件緩和のニュースが発表されました。「いったいどこで

記事を読む

no image

ポンパレモールの行方~『楽天 vs リクルート』の仁義ある闘い

楽天のエントリを書いたついでに、今回はリクルートとの話でも。先日、リクルートから、ショッピングモール

記事を読む

村上春樹的マーケティング活動 ~『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に関する戯言~

4月12日に、いよいよ村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売されますね!

記事を読む

no image

村上春樹ノーベル賞受賞できず!初心者におすすめの村上作品&海外「1Q84」のデザインがカッコイイ話

ついに村上春樹さんがノーベル文学賞を受賞できませんでしたね!NHKラジオ「英語で読む村上春樹」を聴い

記事を読む

no image

「リクルートカード」が予想通り登場!~ポイント争い春の陣

楽天のポイントカードや、楽天vsリクルートのエントリを書いていたときに、思ったんですよ、「リクルート

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑