第1回『ハルキをめぐる読みの冒険』が面白い!海外から見た村上春樹とは。中国の話がおもしろい。

NHK英語講座

Pocket

NHKラジオ英語の『英語で読む村上春樹』、毎月最終週は、ゲストを招いて村上春樹を語る『ハルキをめぐる読みの冒険』というコーナーが放送されます。第1回から、相当おもしろかったので、ご紹介したいと思います!

NHK ラジオ 英語で読む村上春樹 2013年 04月号 [雑誌]

英語講座の1コーナーにしておくには、もったいないくらいのレベルで、充実した内容です。

海外からみた村上春樹とその作品とは。

『ハルキをめぐる読みの冒険』第1回は、海外留学生2人+講師の大沼先生、マシューさんの4人で、村上春樹について語り合っています。

知らない話ばかりで、「へー」ってなる話題ばかりでした。

それぞれの国における村上春樹事情について、様々な視点から話しています。

英語の勉強とは全く関係ない人でも、村上春樹が好きな方なら、毎月1回の『ハルキをめぐる読みの冒険』は、ぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

きっと面白いと思います!

ゲストはベネズエラと中国からの留学生

「ハルキをめぐる読みの冒険」で今回登場するゲストは、二人。

  • マヌエル・アスアヘ・アラモさん:ベネズエラ
  • ショウ・タン(邵丹)さん:中国

二人とも、「東京大学現代文芸論研究室」に所属している留学生です。『英語で読む村上春樹』講師の沼野先生の研究室ですね。

東京大学現代文芸論研究室
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/

今回は、とくにショウ・タンさんが語る中国における村上春樹が面白かったですね。

2人と村上春樹との出会い

ベネズエラのマヌエルさんが、最初に読んだのは『ノルウェイの森』。

大学はカナダで、そのときに、英語で短編小説を読んだことがあるそうですが、しっかりと読んだ最初の小説は、『ノルウェイの森』。

しかも、日本に来てから日本語で読んだそうです。辞書をいっぱい引きながら。外国語で初めて読んだ小説が村上春樹だったと。

中国のショウ・タンさんも、最初に読んだのは、『ノルウェイの森』。

「流行作家であればあるほど読まない」スタンスだったのですが、偶然手に入れたのが英訳された『ノルウェイの森』を読んで、「この人すごいと思った」そうです。

「もっと読みたい、もっと近づきたい」と思い、原書に挑戦します。

1年間くらい、「あいうえお」からスタートして、独力で日本語を勉強たそうです。日本語を勉強する方法として、村上春樹を読む。

ショウ・タンさんにとっては、『村上春樹は私にとって日本現代文学の水先案内人』とのこと。

二人に共通するのは、村上春樹をきっかけとして、ものすごい努力をして、日本語を勉強したことですね。

いや、このくらい本気になれるのはすごい。

私も、フラフラ英語を勉強しいてる場合じゃないですね。もっと本気にならないと。

欧米と東アジアにおける人気作品の違い

欧米や南米と、東アジアでは、人気のある村上春樹の作品は、違うようです。

英語圏では、『羊をめぐる冒険』が最初に評価をされており、一番人気で、東アシアでは、『ノルウェイの森』の人気が高いようです。

大沼さんと一緒に講師をしているマシューさん(アメリカ人)が最初に読んだ作品は、『世界の終わりと、ハードボイルド・ワンダーランド』。

アメリカでは、『羊をめぐる冒険』と同様に欧米で人気の高い作品。一方で、『ノルウェイの森』は、英語圏だと苦手な人も多いそうです。

大沼先生が、以下のようなコメントをしていました。

『ノルウェイの森』が東アジアで評価が高いのは、ちょっとわかる気がしますね。

感情に訴えかけるようなところが、日本、韓国、中国、共通の感性があるかもしれない

中国における村上春樹の作品

中国の中における村上春樹の話が面白かったので、ショウ・タンさんのコメントをピックアップしてみましょう。

  • パッと見てすごく日本的なだ、という要素が村上春樹の本の中には入っていない。
  • 舞台はだいたい東京なんだけど、どこの都市に置き換えても違和感がない
  • 村上春樹に出てくる文化的な要素に、すごい親しみを感じる。近くにいる親しい友達が話しかけてくるような感じがする。

都心に住んでいて、都市の生活にいつの間にか慣らされていて、速いペースで毎日毎日、日々を送っていて・・・。

でも、その中で自分がなんとなく感じている、なんともいえないような感覚。そういう感覚にうまく表現を与えたのは、村上さんだと思います。

彼の本を読んでいて、自分の足りない部分が補充されているような感じがする。それでみんながすごく救われた感じがしたのかもしれない。特に若い世代。

ショウ・タンさんが放送中に紹介していた『村上春樹のなかの中国』って本が、ちょっとおもしろそう!

中国の若者たちの間にある「村上春樹」という存在

さらに、70年代、80年代生まれの作家の話と、村上春樹の作品は何が違うのかに触れていきます。

  • 2012年にノーベル文学賞を受賞した中国人作家の莫言さんの作品は、中国の農村の話が中心。
  • 中国は都市化の進展が20~30年ほど遅れいていた。

私が面白いと思ったコメントが

  • 都市をテーマにして純文学を書く作家はまだ登場していない

ということ。そこで、都市をテーマとした村上春樹の作品が出てくるわけですね。

村上春樹の本が翻訳された時点では、中国人にとっては、外国人作家が書いた本というよりは、むしろ今の私たちの本音を代弁する作家がやっとでてきたな、っていう感じがした。

都市部の若者たちにとっては、主人公と自分を重ねられるような作品だったのかもしれませんね。

東アジアで、そんなに日本人の作家だっていう、名前は日本人、地名は日本。それを除いたら、日本人の作家が書いた本という実感はあまり湧いてこない

中国の若者の間では、「プチブル」というキーワードがあるそうです。若者のブランド。

  • 喫茶店でコーヒーとかカフェオレとかおしゃれな飲み物を飲みながら、村上春樹を読む

なんか、日本でいうと、スタバでMacBookAirな感じですね。

日本語が読めなくても、原作を買って、村上春樹作品をコレクションする若者もいるそうです。

中国人若手作家アニー・ベイベーが、作中に、「村上春樹が好きで買い求めるという登場人物」を描いた、とショウ・タンさんが紹介していました。

アマゾンで探してみたんですが、日本語で読めるアニー・ベイベーさんの作品は、この1冊だけでした。

次回の放送は、6月2日!

『英語で読む村上春樹』に毎月最終週に、「ハルキをめぐる読みの冒険」が放送されます。

4月の第1回が、かなり面白かったので、次回の放送が非常に楽しみです。

1か月後かぁ・・・。待ち遠しいですね。第2回は、第1回と同じゲストで、今回の続きを放送するようです。

1年間「ハルキをめぐる読みの冒険」のコーナーが続くなら、村上春樹について、今まで以上に、いろいろ知ることができそうですね!

『英語で読む村上春樹』の記事一覧は、こちらからどうぞ!
 ⇒ 過去記事一覧・まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

『英語で読む村上春樹』まとめ・過去記事一覧

毎回、『英語で読む村上春樹』の放送を聞いて、ブログにまとめています。量が多くなり、記事が探しにくそう

記事を読む

no image

第2回『英語で読む村上春樹』面白い解説をピックアップ!

第1回の放送の記事で、「英語で読む村上春樹」について感じたことはひと通り書いた気がするので、2回目の

記事を読む

no image

「英会話タイムトライアル」の勉強法:8つのステップ

「NHKラジオ英語講座の選び方」のエントリで、「英会話タイムトライアル」をサブ教材として勉強している

記事を読む

no image

本放送開始!NHKラジオ「英語で読む村上春樹」第1回は楽しかった!

「英語で読む村上春樹のテキスト」について記事に書きましたが、ようやく待望の本放送開始!ということで、

記事を読む

no image

NHKラジオ英語講座の選び方

前回「2013年年度NHKテレビ・ラジオ英語講座のラインナップ」を書いたので、今回は、NHKラジオ英

記事を読む

no image

第3回『英語で読む村上春樹』の放送レビュー ~外来語の使い方について~

今週もばっちり放送を聴きましたので、気になる解説などをご紹介していきたいと思います。英訳・原文対比の

記事を読む

no image

2013年度NHKテレビ・ラジオ英語講座のラインナップ

毎日英語を勉強する習慣を身に付けるには、NHKの英語講座が一番です。特にラジオ講座がオススメです。さ

記事を読む

no image

第6回『英語で読む村上春樹』の放送:原文には存在しない文章や感嘆符の挿入について

ストーリーとしては、ついに「象が消滅」した場面が登場します。消滅したときの状況はどうだったのか、今回

記事を読む

no image

[決定版] 『入門ビジネス英語』実践勉強法:効果的な10のステップ

ビジネス英語の基礎の練習にピッタリなのが、NHKラジオ講座の「入門ビジネス英語」の講座です。実際にや

記事を読む

no image

NHKラジオ『入門ビジネス英語』2013年度はここが変わった!勉強しやすくなったかも?

来週からNHKラジオ英語講座の新年度がスタート!『入門ビジネス英語』は今年も頑張ろうと思って、テキス

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑