村上春樹的マーケティング活動 ~『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に関する戯言~

Pocket

4月12日に、いよいよ村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売されますね!

と、最近の盛り上がりを見ていて、「あれ?なんかデジャブ?」

そう、『1Q84』です。

当時、『1Q84』の売り方を見ていて、「うまいなぁ」って思ったんですよね。マーケティング的なアレです。

新刊に想いを馳せつつ、ちょっとだけ昔を振り返ってみたいと思います。なぜ、デジャブなのでしょうか?

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

今回は、そんな妄想120%なお話です。

約束されたベストセラーへの道

今回の話は、全て個人的な見解であり、概ね間違っている妄想だと思いますので、ご了承ください。

そんなこと言い始めたら、このブログ自体すべて幻ですが・・・。プロのみなさん、解説をお願いします。。。

では、『1Q84』を振り返りつつ、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を見ていきたいと思います。

ベストセラーになる小説の条件

1Q84』が盛り上がっていた当時、売り方を見ていて、「本が売れるには、何が必要なんだろう」ということを考えていました。

結局、すごく簡単な結論に落ち着きました。

ようするに、「たくさんの人が読むこと」です。当たり前です。うん。

村上春樹を例に、ちょっと説明してみますね。

購買層を、以下の4つのに分けてみます。

  1. 「村上春樹」というだけで買う(私とか)
  2. 小説を読むのが好きな人
  3. 小説は読まないけど、本を読む人
  4. 普段、ほとんど読書する習慣がない人

村上春樹のブランド力なら、1~3の層までは、リーチできると思います。

ポイントは、4の「普段、本を読まない人」。この層が、購入し始めると、ベストセラーに近づくのではないでしょうか。

今、私がぱっと思い出したのは、「チームバチスタの栄光」や「ダ・ヴィンチ・コード」。

普段、全く本を読まない友達数人が、わざわざ買ってまでして読んでいる。で、実際、相当数売れていた。

「じゃ、4の人に頑張って売ればいいじゃん」、って話になりますよね。

でも、難しいんです。だって、普段、本屋に行かない人や、本屋に行っても、小説コーナーに全く立ち寄らない人。そういう人たちが対象です。

小説の宣伝を一生懸命しても、ほとんど届きません。そもそも、視界に入ってきません。

たとえば、私は野球・サッカーに全く興味が無いので、本屋に行っても、どこにスポーツの書籍が置かれているのか知りませんし、スポーツで話題の本が出ても、意識する機会がありません。

むずかしい。

じゃ、どうするのでしょうか。

『1Q84』のティザーっぽい展開の話

「色彩を持たない~」は、発売前に小説の内容を一切明かしていませんね。ちょろっと、サイトに文章が載っているだけ。

これは、『1Q84』のときに、同様のことをやって、結構話題になりました。テレビで取り上げられるくらい。

マーケティングの教科書的にいえば、「ティザー広告」に近い手法ですね。ウェブサイトなら、「ティザーサイト」。

これを書籍でやったのが、面白かったんですよね。

ティザーは、tease(じらす)が由来です。ティザー広告とは、ようするに、全貌を明かさずに、「え?なにこれ?」って興味を引かせる広告展開のことです。

みなさんの周りにも意外と、ティザー広告・サイトは多いです。

最近だと、スクエニのFFでありましたね。シルエットだけ見せて、どんなソフトが発売するか明かさないティザーサイトを作ってました。

あと、Appleのイベントの招待状も、ある意味ティザーですよね。

で、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」のサイトも、現段階ではティザーサイトっぽい作りになっています。

http://hon.bunshun.jp/sp/tsukuru

ティザーをやって、ちゃんと話題になるには、条件があります。

簡単です。「有名なこと」です。インパクトがないと意味がありません。中途半端な知名度だと、効果ないです。

小説の世界に目を向けますと、ティザー広告が成立する作家って、どれくらいいるのでしょうか?

村上春樹だからこそできる手法ですよね。

ティザー広告は、発売日まで、発売日当日を盛り上げることがひとつの目的です。

「色彩を持たない~」も、どんな内容なのか考察・予想しているブログがアップされたり、発売日前でも、盛り上がっていますよね?

これが、まず一歩目。今後の大きな伏線になります。

メディアへの露出

ところで、「チームバチスタの栄光」や「ダ・ビンチ・コード」が話題になったのはなぜでしょうか。

私は、テレビの力が大きかったと思っています。本を読まない人たちにリーチするには、やはり今でもテレビの力が強いのではないでしょうか。

で、その視点で『1Q84』に話を戻しますと、

『1Q84』は、発売日前に、小説の内容を一切明かさないことで話題になりました。

その結果、どうなったでしょうか?

アマゾンで、発売日10日前に予約部数が1万部突破。国内長編小説で過去最多記録を達成。

で、このことが、大きくメディアに取り上げられるんですね。NHKすらニュースで流すくらい。かなり異例の反響だったわけです。

これで、普段本を読まない層に、話題が届けられました。購入する人が増えます。

そして、発売日以降。次は、「○○万部販売!」が記事になる。で、そのニュースを見た人が、さらに買う。

NHKのクローズアップ現代でも特集が組まれていました。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_2767.html

はい、ベストセラーの完成です。

村上春樹の凄いところは、小説のみで、これができちゃったことですよね。普通、小説は、ドラマ化・映画化で話題になってから、販売部数が伸びることが多いですもんね。

『1Q84』発売前にあった大きな出来事

あと、ひとつ補足しておきましょう。

『1Q84』発売よりも少し前に、村上春樹が、頻繁にテレビに取り上げられるタイミングがありました。

覚えていますか?

エルサレム賞授賞式での村上春樹のスピーチです。「壁と卵」。

Between a high solid wall and a small egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg. Yes, no matter how right the wall may be, how wrong the egg, I will be standing with the egg.

もし、硬くて高い壁と、そこに叩きつけられている卵があったなら、私は常に卵の側に立つ。そう、いかに壁が正しく卵が間違っていたとしても、私は卵の側に立ちます。

こういう話題、メディアは好きですよね。

クローズアップ現代で、『1Q84』とセットで語られたテーマです。

エルサレム受賞式が2009年2月15日、『1Q84』発売が2009年5月30日。これ、たまたまなんでしょうか?

戦略か?偶然か?

ということで、『1Q84』の動きをまとめますと、

  1. 小説の内容を明かさない「ティザー」的な展開
  2. 話題になる
  3. アマゾンで発売日前に予約だけで1万部突破。
  4. 話題になる
  5. 発売後、200万部突破
  6. 話題になる(クローズアップ現代とか)
  7. さらに売れる

となります。話題⇒購買⇒話題⇒購買⇒話題⇒購買、と3回は繰り返しているのがわかります。

ちなみに、アマゾンの予約部数記録は、『1Q84』が記録更新する前は、村上春樹の『アフターダーク』だったそうです。

『アフターダーク』の流れを見て、さらに発売前に話題を集める意図で選んだ手法が、『1Q84』のティザーっぽい展開だったのかもしれません。

こうやって一連の流れをみると、非常によく練られた戦略だな、と当時思っていました。

で、『1Q84』の発売前のタイミングで、エルサレム受賞式のスピーチ。

どこまでが意図的な戦略で、どこまでが偶然だったのでしょうか?

なんにせよ、一連の騒動を見ていて、当時は、相当おもしろかったわけです。

それで、「色彩を持たない~」は?

先日、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が、アマゾン史上最速のペースで予約開始から一万部突破、というニュースがありましたね。

ということは、

  1. 小説の内容を明かさない「ティザー」的な展開
  2. 話題になる
  3. アマゾンで発売日前に予約だけで1万部突破。
  4. 話題になる

ここまでは、同じ流れになっていることがわかりますね。

で、NHKラジオ英語講座では、「英語で読む村上春樹」が放送開始になりました。あとは、京都で公開インタビューが予定されていますね。

ほかにも、何か最近村上春樹で話題になったことってありました?ご存知でしたら、ぜひ教えてください。

『1Q84』のときほど話題にはなっていないようですが、なーんか流れが似てますよね。出版社は違うのに。

はたして、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の展開は、今後どうなっていくのでしょうか?

作品そのものだけではなく、こういう背景を妄想すると、ちょっと楽しいですよね。合っているかどうかは別としても。

本作の次の長編作品も、同じ展開をするのでしょうか?順番的には、講談社?新潮社?

では、今後の展開を楽しみ待つとしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【高校野球名監督】『逆境を生き抜く力』我喜屋優

「野球の試合は9回で終わるが、人生のスコアボードは一生つづく。お前たちはその長い長いスコアボードで、

記事を読む

no image

楽天は無理!ヤフーショッピングのみ出店!想像するとカオスな夢が広がる

ヤフーショッピングの出店料が無料化して、全力で出店する方々が多いようですね。楽天vsヤフーの軸で、楽

記事を読む

【自伝的小説】『拝金』堀江貴文

「そうだ、欲だよ。欲望が金の価値を定める。そしてそれは人によってケース・バイ・ケースなんだ。本来、金

記事を読む

【自伝】『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢』ポール・アレン

「もしも起業したらどうなるか」を空想したのだ。一度、ビルに「何もかもうまくいったとしたら、僕たちの会

記事を読む

【アマゾン倉庫の実態】『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』横田増生

「僕のベゾスに対する第一印象は、童心を持ったビジネスマンというものだ。何回か話をするうちに、既成概念

記事を読む

『「先延ばし」にしない技術』イ・ミンギュ

いちばんやりたくな仕事、いちばん恐れている仕事のほとんどは、あなたが絶対にやらなくてはならないことだ

記事を読む

【成功本】『幸せな小金持ちへの8つのステップ』本田健

私が普通の人におすすめするのが、「幸せな『小』金持ち」になることなのです。大富豪になるのは難しくても

記事を読む

no image

楽天トラベルのトップページがリニューアル!デザインの変更点をピックアップしてみました

楽天トラベル社長交代と吸収合併の記事を書こうと思い、楽天トラベルのページにアクセスしてみたら、トップ

記事を読む

【実践的!】『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』山田修

トム・ピータース自身が「『エクセレント・カンパニー』の中で我々はデータをねつ造した」と認めてしまった

記事を読む

【戦略論の第一人者】『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・メルト

リーダーが戦略実行に使える強力な手段の一つは、近い目標を定めることである。近い目標とは、手の届く距離

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑