『記憶力発想力が驚くほど高まるマインドマップノート術』ウィルアム・リード

書評ノート

Pocket

マインドマップはこの脳内で行われていること、つまり思考プロセスそのものがあうとぷっとされた形だと言えます。あなたの思考プロセスを1枚の紙に表現するのです。
――「あなたの脳を解き放て!」

マインドマップって、私を含めて、周りに使っている人が全然いないんですよねぇ。不思議なものです。

マインドマップを使いこなせるといいね

セミナーや講演に参加すると、たまに「マインドマップ」を描いている人が隣に座っていることがあります。

講師が話している内容よりも、そっちが気になってしょうがない。なんかすごいアーティスティックなマインドマップが完成していました。意識高い。やばい。

私のところまでペンを広げてきて邪魔だったので、スキルよりも前に何か学ぶことがあるだろう、と思ったことがあったりなかったり。満員電車で足を広げながらスキルアップ術の本を読む若いサラリーマンを彷彿とさせます。

それはさておき、以前一度ためしにマインドマップに挑戦しようと思ったのですが、3秒でサジを投げました。絵心もないですし。でも、結構いいツールだという評判ですし、気になりますよね。

マインドマップツールの「Mind42」は、普段使うことがありますので、あらためてマインドマップ本でも読んでおこうかなと思い、手に取ったのが本書です。せめて概念だけは理解しておこうかと。

マインドマップとか、正直、この手のツールは結構苦手です。

では、気になったポイントをピックアップしていきます!

仕事で使えるマインドマップ

  • メモをとる時間とその後の行動時間が大幅に短縮
  • 情報の整理(本やセミナー、その他)
  • プレゼンテーション力のアップ
  • コミュニケーション力のアップ
  • アイディア力のアップ

マネジメントで使えるマインドマップ

  • マインドマップを共有化して会社を変革
  • マネジメント力のアップ
  • 会議時間の短縮(内容はさらに濃いものに)
  • スピーチ力のアップ(1時間以上の講演可能)
  • 社員のマニュアル理解力アップ

試験で使えるマインドマップ

  • 授業のノート取りがスピーディにできる
  • ノートの整理が紙1枚でできるので、頭の中も整理される
  • 実際の試験問題の意図までイメージできるようになる
  • 記憶力が高まると同時に、その記憶が持続する

プライベートで使えるマインドマップ

  • 右脳と左脳のバランスがとれる
  • 人生の設計をすれば、夢の実現が早くなる
  • 悩みや問題をマインドマップ化すれば、次の行動が見えてkル
  • 家族でビジョンを共有できる

キーワードのつながり「関連づけ」

「関連づけ」という概念が、今まで把握できていませんでした。あまり意識したことがなかったです。本書を読んで理解できました。

イメージしたキーワードからさらに思い浮かんだイメージや言葉を広げていくことです。このキーワードのつながりを、マインドマップでは「関連づけ」と読んでいます(p58)

用意するもの4つ

  • 紙1枚(できればA4以上の用紙)
  • ペンか鉛筆
  • 色鉛筆かカラーペン(最低3色)
  • 下敷き(カッターマットのような少し厚めのもの)

文房具好きとしては、本格的にやろうとすると、無限に道具選びをしそうです。その前に、挫折しそうですが。

マインドマップ「12のルール」

  1. 無地の紙を使う
  2. 横長に使う
  3. 中心から書く
  4. テーマはイメージで描く
  5. 1ブランチ=1ワード
  6. ワードは単語で書く
  7. ブランチは曲線で
  8. 強調する
  9. 関連づける
  10. 独自のスタイルで
  11. 創造的に
  12. 楽しむ!

リアルタイムでマインドマップを活用する方法

  1. 思考速度を利用する
    人間の脳は話す速度の4~10倍で考える(p93)
  2. 頭も五感も全開で聴く
  3. 録音したものを倍速で聴いてメモに取る
  4. カギを握るキーワドとシンボルをつかむ
  5. 短時間集中して聴く

色づけする5つの方法

  1. 道具をそろえる
    4色ペンや、6~12色入りのペンセットを使う
  2. テーマによって色を使い分ける
  3. ブランチの位置によって、色を使い分ける
  4. 情報源によって色を使い分ける
  5. キーワードによって色を使い分ける

ビジュアル思考を身につけるための8つの方法

  1. 目と手の動きを一致させるオぬ力を開発する
  2. グラフィック・メモリーを開発する
  3. ビジュアル方法な事典で活性化する
  4. ゲシュタルト心理学のものの見方を学ぶ
  5. 背景を見る練習をする
  6. 絵をほかの感覚と結びつける
  7. 右脳で描く練習をする
  8. 質のよい道具を使う

マインドマップからアウトプットする5つの方法

  1. 「見聞きしたこと」と「理解していること」は違う
  2. コンパクトにまとめたメモが思い出すことを助ける
  3. 計画的に復讐する
  4. 感覚は記憶力のもと
  5. 体の感覚で覚える練習をする

自己紹介のマインドマップ

  1. マインドマップを眺める
  2. イメージを強く頭の中に残す
  3. 話す相手を考える
  4. 相手に沿っていちばんよいと思われる部分を中心テーマに据える
  5. もう一度、マインドマップを作成する
  6. つくり替えたマインドマップを眺める
  7. 話す順序を色分けしたり、順番をつけたりする
  8. 話の流れを頭の中でシミュレーションする

グループ・マインドマップの活用法

ブレーン・ストーミング的なマインドマップの活用法を「ブレーン・グルーミング」と言うらしいです。

  1. 4~5人のグループに分ける
  2. 共通のテーマ(テーマイメージ)を与える
  3. 個人でテーマイメージからメイン・ブランチを描き込む
  4. グループ・ディスカッション(グループで5~6本のメイン・ブランチを決定する)
  5. グループごとで決定したメイン・ブランチをプレゼンテーションする(ほかのグループからのフィードバック)
  6. 共通のメイン・ブランチを抜き出す(似たようなものは1つのキーワードにまとめる)
  7. 全員共通のメイン・ブランチを決定する

    以上を決定した上で、『ブレーン・グルーミング』に入ります。

  8. 決定したメイン・ブランチに対してサブ・ブランチを描き込む
  9. グループで各々出来上がったマインドマップについてディスカッションする
  10. グループごとにマインドマップを作成し、プレゼンテーションを行う(ほかのグループからのフィードバック)
  11. 全員でディスカッションする
  12. 時間をおく(休憩を入れる)
  13. 色や絵を入れたマインドマップを描く
  14. テーマイメージの解決

ブレーン・ストーミングとブレーン・グルーミングの違いは、まず、1~7まででメイン・ブランチという共通の土台をつくることにより方向性や関連性がブレないようにすることが大きな特徴です。(p155)

まとめと感想

本書は、実例が豊富でわかりやすい本でした。マインドマップは、実例がないと理解しにくいですもんね。

著者の自己紹介のマインドマップを、「友人が紹介してくれた日本人」に向けて修正したマインドマップが、おもしろかったです。

Mind42」を使っている理由は、中心のイラストやブランチがなくて、デザインがシンプルだから、なんですよね。そういった意味では、マインドマップのコンセプトからは、逸脱しているのかもしれません。

次に読みたい関連書籍 & オススメ本

マインドマップと読書を結びつけている本が、読みたいところです。上のは、読書メモっぽい本だった記憶がありますが・・・。

マインドマップを見るたびに、『デッドマン・ワンダーランド』をなぜか思い出します。枝がね、なんかね。うん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

『仕事漂流』就職氷河期世代の「働き方」稲泉連

「10年続けたらヒラから主任、係長、課長になっていくのですが、やっている仕事は変わらない。マネージャ

記事を読む

【意外な真実!?】『ヤバい経営学』フリーク・ヴァーミューレン

「ほとんどの買収は失敗する」ということだ。もうほとんど議論の余地がない事実だ。この問題については、実

記事を読む

【一度は読みたい】『サラリーマン漫画の戦後史』真実一郎

サラリーマンには2種類しか存在しない。『宮本から君へ』が大好きなサラリーマンと、『宮本から君へ』が大

記事を読む

【時間について考える】『すべては「先送り」でうまくいく ――意思決定とタイミングの科学』フランク・パートノイ

バフェットはこうも言っている。「我々の仕事は、行動を起こすことによって報酬が得られるわけではない。正

記事を読む

【ひろゆき×ホリエモン×勝間和代】『そこまで言うか!』を今更ながら読んでみた。

西村:まだ、「ブタ」と呼ばれるのは慣れていないんですか?堀江:デブとブタって言われるのは慣れたけど。

記事を読む

【ヒトラー✕橋下徹】『独裁者の最強スピーチ術】川上徹也

ヒトラーの最大の武器は「言葉」であり「演説」だった。「演説」の力で独裁者になったといっても過言ではな

記事を読む

【自伝】『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢』ポール・アレン

「もしも起業したらどうなるか」を空想したのだ。一度、ビルに「何もかもうまくいったとしたら、僕たちの会

記事を読む

【戦略論の第一人者】『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・メルト

リーダーが戦略実行に使える強力な手段の一つは、近い目標を定めることである。近い目標とは、手の届く距離

記事を読む

【実践的!】『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』山田修

トム・ピータース自身が「『エクセレント・カンパニー』の中で我々はデータをねつ造した」と認めてしまった

記事を読む

【掴み取れ!】『チャンスを逃さない技術』勝負どころで「動ける人」に変わる:ヘルマン・シェーラー

正しい道とはなんだろう?その問いに対する1つめの答えは「君が今いるその道でいい。そのまままっすぐ行き

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑