「MARQREL(マルクレル)」を実際にチェックしてみた!考えてみた!

ニュース考察

Pocket

「リクルートカードの発行」に始まり、ポイントプログラムの拡大へ一気に舵を切ったリクルート。

今度は、招待制ファミリーセールのWEBサービス「MARQREL(マルクレル)」が4月1日にスタートしました。攻めるねぇ。実際に、会員登録して、コンテンツを見てみましたー。意外と面白そうな感じがします。

MARQREL(マルクレル)ってどうなのさ?

今回の記事では、サービスの概要、具体的なコンテンツ、サービスの考察について、書いてみました。

MARQREL(マルクレル)の概要

MARQREL(マルクレル)」って名前が、非常に覚えにくいですが、概要をまずは、確認してみます。

>>マルクレルのページ

いつもの通り、プレスリリースを見てみました。

参考:「じゃらん×ホットペッパー」会員限定利用!招待制ファミリーセールサイト「MARQREL(マルクレル)」4月1日オープン

まとめると、

  • 招待制ファミリーセール
  • 高級ブランドも出店
  • 「じゃらん×ホットペッパー」会員が利用可
  • 99時間のタイムセールを1ブランドごとに。
  • ポイント付与は、2%

ですね。イメージ的には、「ポンパレ」の高級ブランド路線って感じでしょうか。

サイトのURLは、http://www.marqrel.jp/です。

MARQREL(マルクレル)をさらっと見てみた。

一応、「じゃらん×ホットペッパー」会員IDを持っているので、MARQREL(マルクレル)にログインしてみました。

ちなみに、ログインしないと、どんなブランドの商品が出品されているか、わかりません。

ページデザインは、写真中心のすっきりしたデザイン。Pinterestテイストです。写真・ブランド名・販売期間、のみ。わかりやすいですね。

カテゴリの分類は、「Women」「Men」「Kids」「Lifestyle」の4種類。並び方からして、一番のメインターゲットは、女性なのでしょうね。

Pinterestのユーザー層の中心は女性。ですので、MARQREL(マルクレル)のメインターゲットが女性なら、デザインもPinterestテイストになるのも納得ですね。

ただ、どんな商品が出品されているのかがわかりにくいです。あえてなのかもしれませんが、それが欠点かもしれません。

ブランド名⇒クリック⇒商品。PRADAをクリックすると、サングラス。サングラスが欲しい人には探しにくいです。

でもこれが、MARQREL(マルクレル)の特徴なのかもしれません。ブランド中心消費。ブランドを軸に選ぶ。そう考えると、ちょっと面白いかも。

どんなブランド・商品が出ているのか

4月8日現在で、62ブランドが掲載されています。販売中のブランド(あと何日)と、販売開始前のブランド(何月何日から)が並んでいます。

いかん、ブランドとか興味なくて、全然わからない・・・。

PRADA、VANZ、MK MICHEL KLEIN、Ray-Ban、BANANA REPUBLIC、Vita Craftとかとか・・・。サングラスやTシャツ、香水からキッチン用品まで、幅広い商品が出品されています。

サービスの考察

「MARQREL(マルクレル)」のサービスの位置づけは、招待制ファミリーセール。

たしかに、実生活でのファミリーセールって、招待してもらうことも含め、なかなか面倒くさいですよね。それをWEBで実現するのは、悪くないアイデアな気がします。ユーザー側のメリットは出ますね。

出品するブランド側の視点も考えてみます。

クローズドマーケットで、ブランドを傷つけることなく、格安セールや在庫処分を行いたい。「MARQREL(マルクレル)」は、そんなブランド側のニーズを満たすサービスとなるのでしょうか。

ブランドを管理する立場からすると、チャネルと価格のコントロールって重要です。モール型なら、出品しているブランドのレベル感も大切ですよね。

「MARQREL(マルクレル)」は、『○○%オフ!』というように値段を前面に出し過ぎていません。安売りしている雰囲気が出てないんですよね。

出品している企業も、たぶんある基準以上で選んでいるはずです(マルイっぽいイメージがありますが・・・)。

ブランド側からすると、出品しやすいサービスではないでしょうか。Pinterestテイストなデザインもしっくりきます。

宿泊予約サイトでいうと、「じゃらん」における「一休」みたいな感じですよね。

リクルートは、何を狙っているのか

ポンパレモールの記事」からずっと書いていますが、リクルートで一番の課題は、ポイントの弱さにあります。楽天ポイントは、やっぱり強いですもんね。

最初に書いた通り、リクルートの狙いは、リクルートポイントプログラムの強化でしょう、やっぱり。

「招待制ファミリーセール」と銘打つことで、会員登録の必須化。それで会員数の拡大。

あと、楽天市場って、洗練されたブランドの販売って弱いですよね。高級路線。構造的に難しそうです。

「MARQREL(マルクレル)」は、その辺をうまく突いているなぁと感じました。

一番の課題は、認知度とサイト流入ですよね。会員制サイトだけに、Googleからの検索はゼロなわけですし。どこに導線を作るのかを注目したいところです。

話題になるようなブランド・商品のセールを展開できると、面白いですね。ニュース性のあるやつ。

あとは、サイトのコンセプト、ブランドの高級感をどこまで維持できるのか、でしょう。ユーザーの期待値に沿ったブランドの商品が継続的に販売されるのか。

悪循環の例を考えてみましょう。

  1. 販売実績が出ない
  2. ブランド側が出品に後ろ向きになる
  3. 掲載ブランド数が減る
  4. ブランド数を増やすために、ブランドレベルを下げる
  5. サイトのコンセプトが損なわれ、ユーザーの期待と乖離する
  6. ユーザーが離れる

って感じになって、フラッシュマーケティングと、大差なくなっちゃいますよね。

逆に、うまく軌道に乗れば、結構面白いサービスになってきそうです。

今後の動きに注目して行きましょう!私は使わないと思うけど!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

『就活解禁日を遅らせる=学業がはかどる』というお花畑な妄想について

就活の解禁日を遅らせましょう、という記事を読んでいて、「なんか私にはよーわからん」ということで、色々

記事を読む

村上春樹的マーケティング活動 ~『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に関する戯言~

4月12日に、いよいよ村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売されますね!

記事を読む

no image

楽天は楽天生命を始めたけど、リクルートは保険やらないの?

楽天がいよいよ生命保険へ本格参入することになりました。「楽天生命」の概要に簡単に触れながら、全く関係

記事を読む

no image

『ハフィントン・ポスト(Huffington Post)』とは、どんなメディアなのか?

「ハフィントン・ポスト」がついに日本上陸!朝日新聞との合弁のですね。そもそも、「ハフィントン・ポスト

記事を読む

no image

リクルート『お月謝くん』のサービス概要と狙いを探る

リクルートが『お月謝くん』という習い事やスクールの支払いを一括で管理するシステム・サービスを発表しま

記事を読む

no image

楽天GORAによる「楽天チェックインサービス」の試みが面白い理由

楽天GORAが、ゴルフ場にスマホで簡単にチェックインできる「楽天チェックインサービス」を開始します。

記事を読む

no image

Facebook・Twitterなど大手SNSの「.jp」と日本語ドメインの現状について調べてみた

Pinterestが「.jp」ドメインの取得に動いている中、他のサイト・サービスはどうなのだろう、と

記事を読む

no image

全大学の受験資格にTOEFLって必要か?受験料収入は100億円超。賛成?反対?

「全大学・全学部を対象に、大学受験資格にTOEFL導入しましょう」という提言を自民教育再生本部が、ま

記事を読む

no image

『架空の歴史ノート-1 帝国史 分裂大戦編』にみる日本人のネットにおける無限の才能について。

『架空の歴史ノート-1 帝国史 分裂大戦編』という本が、アマゾンのKindleで販売されている、とい

記事を読む

no image

ポンパレが電子書籍に進出!「ポンパレeブックストア」&最新動向について

ゴーイングマイウェイな感じの「ポンパレ」関連。今度は、電子書店「ポンパレeブックストア」を11月に開

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑