【自伝】『ザ・ラストバンカー』西川善文

書評ノート

Pocket

私は、悪役とされることが多かった。住専問題では銀行は、住専に不良案件を押しつけた極悪人で、それに正義派が元日弁連会長の弁護士がマスコミの後ろ盾を得て挑むシナリオが描かれた。日本郵政社長時代には、私は国民の大切な財産でつくられた宿泊施設を破格の安値で売り飛ばし、歴史的な建造物まで破壊する男にされてしまった。さらに不良債権処理に伴う貸しはがしや銀行員の高給批判など悪役への攻撃材料には事欠かなかった。
――『おわりに』

三井住友銀行頭取、日本郵政社長を歴任された「最後のバンカー」。数々の難題に挑み続けた人生を振り返っています。表では語られていない話も沢山ありますね。読み応えがあります。ひとつの歴史。

西川善文回顧録

西川さんが関わった案件は、安宅産業の経営危機、イトマン事件、住専問題、さくら銀行との合併、UFJ争奪戦、不良債権問題処理、大和証券との合弁、そして、日本郵政。歴史的な事件ばかりです。

「不良債権と寝た男」と言われるほど、不良債権と格闘してきた西川さんが、その半生を振り返ります。

郵政民営化のときは、政治・マスコミに振り回され、変なレッテルを貼られていましたね。その当時の状況を克明に書いています。

仕事人生、こんな風に乗り越えていけたら、素晴らしいですね。

頭取自身の自伝、というのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。非常に読まされる良書でした。

若かりし頃のキャリア

本店調査部にいた頃、後輩(当時は弟子)を持つようになり、後輩の調査レポートの指導する場面があります。そこで述べられていることが、面白かったです。

問題なのはレポートを書くのが早いか遅いかではない。また、優等生的なバランスの良さが求められているのでもない。最も大切なのは、明快な結論である。

あえて与信可とする結論にはリスクを負う。しかしリスクを負って徹底的に調査をしたのと、リスクを負うのを恐れてあやふやに済ませた調査とは全然違う。調査部経験者は大勢いるが、結論を明快にせず無難なレポートをまとめる優等生は、その後見事なくらい出世していない。支店長や部長止まりで役員にはなれなかった。(p45)

ズバッと。

三井住友銀行の誕生について

住友銀行が合併を進めるときの場面。三井と三菱、財閥の違いについて述べています。

東京三菱も考えられない。第三者から見れば三井も三菱も同じ財閥系なのだから、どちらと一緒位になっても同じだろうと思われるかもしれない。しかし、三井と三菱とではまったく性格が違う。三菱は住友と同様、グループ内で人的交流が盛んに行われるなど、グループの結束力が非常に強いのだ。その両者が統合することに対しては、お互いに相容れないもが肌感覚としてあったと思う。(p166)

「住友銀行」と「さくら銀行(旧太陽神戸三井銀行)」が合併して「三井住友銀行」が誕生しました。

なぜ、「三井」の名前が復活したのか、なぜ、「住友三井銀行」にならなかったのか。私も疑問でした。その答えは、以下のとおりです。

一つ問題になりそうだったのは、合併後の新会社の名称についてだ。今でもよく一般の方から「住友が前でなくてよかったのですか」という質問をもらう。私はどちらが先でも構わないと思ったし、逆にそんなことで揉めているという情報が流れたら、そのほうが恥ずべきことだと思っていた。それは白水会でも同様で、どちらの名前が先かについて反発は一切なかったのだが、「さくら」の名前を使うのはやめてくれという結論になった。

そうなると岡田さんのほうに大変な苦労をかけてしまう。太陽神戸銀行と合併時に岡田さんは、「三井」の名前を最後にした「太陽神戸三井銀行」という名称にして合併相手に気を使い、さらに二年後にさくら銀行と改称してどこの銀行の旧名にも偏らないものにしたのだが、三井の名を復活させると今までのその苦労が無に帰すことになる。そう危惧したのだが、岡田さんはしっかり「三井住友銀行」で決めてくれた。(p169)

なぜ、さくら銀行の岡田頭取は、そう決断したのかも、本書では触れられています。

ちなみに、海外では、SMBC(スミトモ・ミツイ・バンキング・コーポレーションの略)なのは、住友が海外に強かったからだそうです。

三井住友銀行頭取に就任

不良債権処理に当たり続け、副頭取にまでなった西川さん。副頭取になった時は、こう振り返っています。

「ああ、これで自分のサラリーマン人生の終着駅にきた」と思った。もともと自分は、不良債権処理という裏方仕事ばかりで、営業経験の乏しい銀行員人生ではあったがそんな人生もあるのだろう。(p3)

そして、頭取就任。

巽外夫会長から就任の命を受けた時も、「私には営業経験がないので頭取は無理ではありませんか」と聞き返したほどだ。そうしたら、巽会長は、

「頭取になれば、ほかの会社のトップと膝詰め談判をしなければなrなくなり、すぐにでも営業センスはつく。そんなことより、こういう時代の頭取だから西川君なのだ」

と励ましとも放任ともつかないような言葉をもらった。(p3)

平時だったら、頭取にはならなかったのかもしれませんね。

頭取になってから、こだわったことは、「スピード」。日本郵政のときも、同様です。

「私の経験から言っても、80パーセントの自信があれば、ほとんどの判断は正しいものになる。失敗を恐れてはならない。何もスピードを上げたために起きた失敗に限らない。前向きにチャレンジして結果として失敗した場合、その責任は問わない。減点主義の人事を廃していく。何も行動を起こさない者こそ、私は責任を問う」(p188)

郵政民営化も、当時は、「西川さん以外にできる人などいない」と言っていた人もいましたよね。結局は、政治とマスコミに振り回されることになったわけですが・・・。

今回は、取り上げませんが、日本郵政のときの話は、相当おもしろいです。読んでいて、イライラしてくると思います(笑)。完全に火中の栗を拾う状態。本書をぜひご覧ください。

『おわりに』の章が、クライマックス

本書の最後の章は、『おわりに』です。あとがきだと思って油断していたら、最後の最後が一番読み応えがありました。

この記事の最初の文章は、『おわりに』から抜粋しています。

他にもいくつかピックアップしてみましょう。

大手銀行の頭取を務めた人間の自叙伝であるならば、大規模プロジェクトへの融資による日本産業への貢献とか、組織の飛躍的な拡大をもたらした経営策の実践とか、一つや二つは華やいだ話題があるものだが、本書ではそうしたことには触れていない。そういうことがなかったのではない。それを懐かしむほどのんびりした時代ではなかったのだ。(p299)

これは本書を書くにあたってのささやかな願いでもあったのだが、本書を読んでくださった皆さんが、私たちが合理性と現実の間で悶々としながら決断を繰り返してきたことを感じ取ってもらえたならば幸いだ。(p299)

リーダーシップとは、直面する難題から逃げないことである。
リーダーが逃げないから部下も逃げないし、前のめりで戦う。経営の席に者とはそういうものではないだろうか。遅滞なくスピード感を持って決断する。それは時に本当の意味でトップダウンであったろうし、時には部下たちが周到に根回しした案件を私がスパッと決断したものでもあったろう。それを「西川の独断」と評す人たちがいたが、私にすれば決断の現場の実態を何も知らない人の批判に思えてしかたがなかった。(p299)

どれだけの苦悩と苦労を抱えていたのか、想像することすらできないほどのものです。それでも、粛々と仕事に邁進していく。なかなか真似しようと思ってできるものではありません。

書評のまとめと感想

いかがだったでしょうか。

ずっと前から気になっていた本で、ようやく読むことができました。住友銀行の歴史や、郵政民営化でのゴタゴタ、いろいろ勉強になりますね。サラリーマンの生き方としても、参考になるのではないでしょうか。

メガバンクの頭取ですので、ここで語られなかった事も数々あるのでしょう。色々なものを飲み込んで、それでも前に進んでいく姿を見て、身の引き締まる思いでした。

次に読みたい関連書籍 & オススメ本

本書の中でも登場しますが、宿澤広朗さんについて書かれた本がオススメです。

西川さんの次の頭取候補とまで言われた宿澤広朗さん。専務取締役まで上り詰めましたが、55歳で突然亡くなられてしまいました。

実は、もう少し後の世代に頭取候補として意中の人物が一人いた宿澤広朗さんである。

存命なら現在61歳で、きっと頭取として銀行を引っ張っていただろう。

あるとき私は「君は銀行を背負って立つ男だから」と言ったことがある。頭取と明言したわけではないが、宿澤さんは直感したらしく、張り切って仕事をしていた。仕事をし過ぎるくらいなので、「体を大事にしろよ」と言ったこともある。(p214)

副題の「運を支配した男」という意味も、読んでいくうちにわかります。すごい人です。

あと、この本を読んでいて、「体育会系が仕事で活きる、というのは、このことか」と妙に納得しました。オススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【成功本】『幸せな小金持ちへの8つのステップ』本田健

私が普通の人におすすめするのが、「幸せな『小』金持ち」になることなのです。大富豪になるのは難しくても

記事を読む

【ホリエモン節】『君がオヤジになる前に』堀江貴文

ビジネスでは、この小利巧な人がいちばん損をしている。理解力も学歴もあるけれど、ためらうから突き抜けら

記事を読む

【高校での熱い指導】『就活先生:内定を勝ち取るための31のステップ』竹中 紳一

まず、絶対に自分を信じること。過去の自分がどうだったかなどは問題ではありません。過去は過去、後悔して

記事を読む

no image

【保存版】半沢直樹最終回!ファンが次に見るべきオススメ作品を紹介します!

半沢直樹の最終回も終わり、名残惜しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方必見!半沢直樹ファ

記事を読む

no image

【名著復刊!】『新訳 成功の心理学』人生の勝者に生まれ変わる10の方法 デニス・ウェイトリー

真の”勝利”とは、ただ自分の持っている能力を、自分なりにとことん追求することを意味するのだ。”勝利”

記事を読む

【自伝的小説】『拝金』堀江貴文

「そうだ、欲だよ。欲望が金の価値を定める。そしてそれは人によってケース・バイ・ケースなんだ。本来、金

記事を読む

【戦略論の第一人者】『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・メルト

リーダーが戦略実行に使える強力な手段の一つは、近い目標を定めることである。近い目標とは、手の届く距離

記事を読む

【生きる知恵】『WILLPOWER 意志力の科学』ロイ・バウマイスター

ダニー・オブライエンが、知り合いの「気持ち悪いほど生産性が高い」70人にアンケートを送り、整理術の秘

記事を読む

[書評] 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』城繁幸

「こんな働き方でいいんだろうか」と誰しも一度は考えるのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、その疑

記事を読む

【時間について考える】『すべては「先送り」でうまくいく ――意思決定とタイミングの科学』フランク・パートノイ

バフェットはこうも言っている。「我々の仕事は、行動を起こすことによって報酬が得られるわけではない。正

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑