【爽やかな青春小説】『県庁おもてなし課』有川浩

書評ノート

Pocket

「なぁ、いつか多紀ちゃんって呼んでいい?」
「いつかって、いつですか?」
「……もうちょっと俺がカッコよくなったら」
せめてもう少しあがいてから。
俺が憧れるあの人たちに、もっと恥ずかしくないようになってから。
「待ってますから、急いでください」
舞い上がるような気持ちを随分久しぶりに味わった。――

県庁おもてなし課 (角川文庫)

甘酸っぱい青春と、心躍るふるさと愛!読んでいて、心地が良い小説です。

物語が元気にする、町、人、恋。

ストーリーも面白いし、登場人物たちの恋愛(?)模様も気になる!爽やかな気持ちになる、素敵な青春小説です。

発売してすぐの頃、本屋さんで「県庁おもてなし課」を見かけました。

表紙のデザインと、帯のキャッチコピーが良くて、ハードカバーなのに、思わず買っちゃったんですよね。

物語が元気にする、町、人、恋。ふるさとに恋する観光小説!

最初の但し書きも、いいです。

この物語はフィクションです。
しかし、高知県庁におもてなし課は実在します。

文庫本発売、そして映画化。このタイミングで、ぜひ読んでみましょう!すっごくオススメです。舞台の高知にも、思わず行きたくなります。

春や秋、いい天気で、暑くもなく寒くもない心地の良い気候。そんなときに感じる気持ちよさってありますよね。まさにこの小説を読んだときも、そんな「気持よさ」いっぱいになります。

爽やかな恋!ニヤニヤが止まらない

Amazonの内容紹介をまずはご紹介します。

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!

主人公の掛水史貴クンが、苦悩しながら奮闘する青春小説です。ヒロインが、明神多紀ちゃん。この記事の最初に書いた抜粋は、その二人の会話です。ほかにも・・・

三つも年上の男の人、かわいいとか思ってしまうじゃないですか。――とはとても言えない。(p114)

あなたみたいな人が近くに来て、コンビだと思ってた女の子がその人の肩ばかり持っていたら、僻まない男のほうが珍しいと思うんですけど。(p192)

「明神さん」
「何ですか?」
「俺ら、これからも宿題いっぱいあると思うけど、頑張ろうな」
多紀は余韻を聞くように一呼吸空けて、それから「はい」と力強く答えた。(p270)

甘酸っぱい。ニヤニヤしちゃういますよ、読んでると。有川浩さんは、こういうの書くのが上手いですよね。

観光小説としても面白い

お役所体制への批判、観光資源の活かし方、小説としても面白いですが、色々と勉強になるところもあります。

失礼ですけど、県庁の人には県庁の驕りがあると思います。(p93)

「そして県にはこれといって打つ手がない。手を打とうとしているかどうかさえ県民には疑問に思われているフシがある。何となくこのままじゃまずいなと思いながら、公務員という保証された身分で会議を踊らせてるだけじゃないのかって、俺だってそっちにいたら疑う」(p144)

「客商売で一番の肝は水回りだよ。宿なんかもそうだけどさ、部屋がボロでも『うらぶれた風情』とかで押し通せる。でもこれでトイレや風呂が汚かったらアウト。逆に水回りさえ清潔だったら人間大抵のことは許せるもんだよ」(p256)

日本の観光地も、まだまだ沢山の素晴らしい観光地があるんだろうな!って可能性を感じる小説です。

「県庁おもてなし課」が面白かったら、次は「レインツリーの国」を!

「県庁おもてなし課」を読んでみて、小説の雰囲気が良かったら、ぜひ次は、「レインツリーの国」を読んでみてください。

私は、「レインツリーの国」がすっごく好きで、有川浩さんの作品を読むきっかけとなった小説です。

ひとつだけ注意点があります。「絶対に事前にあらすじを読まないでください」

清涼感満載の青春小説です!オススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【法人を設立して節税!】『貧乏はお金持ち』橘玲

「格差社会」でもっとも得をしたのか誰か?IT長者やヒルズ族の名が筆頭に挙がるのだろうが、彼らはもとも

記事を読む

『「先延ばし」にしない技術』イ・ミンギュ

いちばんやりたくな仕事、いちばん恐れている仕事のほとんどは、あなたが絶対にやらなくてはならないことだ

記事を読む

[外資転職者必読] 名著『英文履歴書の書き方』が新しくなった!Linkedinにも対応!

英語書籍コーナーに立ち寄ったら、『英文履歴書の書き方』の最新バージョンが発売されていました!大幅に内

記事を読む

【ひろゆき×ホリエモン×勝間和代】『そこまで言うか!』を今更ながら読んでみた。

西村:まだ、「ブタ」と呼ばれるのは慣れていないんですか?堀江:デブとブタって言われるのは慣れたけど。

記事を読む

『絶対にゆるまないネジ』小さな会社が「世界一」になる方法 | 若林克彦

ローテクな技術でも、コツコツと突き詰めていけば、他社との差別化も可能になります。うちのようにごく普通

記事を読む

岡田斗司夫の名著『ぼくたちの洗脳社会』が無料で読める!

農業時代の人々は、狩猟時代を振り返って、「いつ飢え死にするかも分からない、野蛮な世界」と語りました。

記事を読む

【何歳でも読みたい】『40代を後悔しない50のリスト』大塚寿

「常に10年後とか20年後の目標設定をして、『なりたい自分』の世界に生きているので、今を生きていない

記事を読む

『マネジメントとは何か 』スティーブン P. ロビンズ

リーダーの地位に就く人が選ぶときには、経験を重視しすぎないよう注意することだ。経験それ自体からは、有

記事を読む

【時間について考える】『すべては「先送り」でうまくいく ――意思決定とタイミングの科学』フランク・パートノイ

バフェットはこうも言っている。「我々の仕事は、行動を起こすことによって報酬が得られるわけではない。正

記事を読む

【高校野球名監督】『逆境を生き抜く力』我喜屋優

「野球の試合は9回で終わるが、人生のスコアボードは一生つづく。お前たちはその長い長いスコアボードで、

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑