【爽やかな青春小説】『県庁おもてなし課』有川浩

書評ノート

Pocket

「なぁ、いつか多紀ちゃんって呼んでいい?」
「いつかって、いつですか?」
「……もうちょっと俺がカッコよくなったら」
せめてもう少しあがいてから。
俺が憧れるあの人たちに、もっと恥ずかしくないようになってから。
「待ってますから、急いでください」
舞い上がるような気持ちを随分久しぶりに味わった。――

県庁おもてなし課 (角川文庫)

甘酸っぱい青春と、心躍るふるさと愛!読んでいて、心地が良い小説です。

物語が元気にする、町、人、恋。

ストーリーも面白いし、登場人物たちの恋愛(?)模様も気になる!爽やかな気持ちになる、素敵な青春小説です。

発売してすぐの頃、本屋さんで「県庁おもてなし課」を見かけました。

表紙のデザインと、帯のキャッチコピーが良くて、ハードカバーなのに、思わず買っちゃったんですよね。

物語が元気にする、町、人、恋。ふるさとに恋する観光小説!

最初の但し書きも、いいです。

この物語はフィクションです。
しかし、高知県庁におもてなし課は実在します。

文庫本発売、そして映画化。このタイミングで、ぜひ読んでみましょう!すっごくオススメです。舞台の高知にも、思わず行きたくなります。

春や秋、いい天気で、暑くもなく寒くもない心地の良い気候。そんなときに感じる気持ちよさってありますよね。まさにこの小説を読んだときも、そんな「気持よさ」いっぱいになります。

爽やかな恋!ニヤニヤが止まらない

Amazonの内容紹介をまずはご紹介します。

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!

主人公の掛水史貴クンが、苦悩しながら奮闘する青春小説です。ヒロインが、明神多紀ちゃん。この記事の最初に書いた抜粋は、その二人の会話です。ほかにも・・・

三つも年上の男の人、かわいいとか思ってしまうじゃないですか。――とはとても言えない。(p114)

あなたみたいな人が近くに来て、コンビだと思ってた女の子がその人の肩ばかり持っていたら、僻まない男のほうが珍しいと思うんですけど。(p192)

「明神さん」
「何ですか?」
「俺ら、これからも宿題いっぱいあると思うけど、頑張ろうな」
多紀は余韻を聞くように一呼吸空けて、それから「はい」と力強く答えた。(p270)

甘酸っぱい。ニヤニヤしちゃういますよ、読んでると。有川浩さんは、こういうの書くのが上手いですよね。

観光小説としても面白い

お役所体制への批判、観光資源の活かし方、小説としても面白いですが、色々と勉強になるところもあります。

失礼ですけど、県庁の人には県庁の驕りがあると思います。(p93)

「そして県にはこれといって打つ手がない。手を打とうとしているかどうかさえ県民には疑問に思われているフシがある。何となくこのままじゃまずいなと思いながら、公務員という保証された身分で会議を踊らせてるだけじゃないのかって、俺だってそっちにいたら疑う」(p144)

「客商売で一番の肝は水回りだよ。宿なんかもそうだけどさ、部屋がボロでも『うらぶれた風情』とかで押し通せる。でもこれでトイレや風呂が汚かったらアウト。逆に水回りさえ清潔だったら人間大抵のことは許せるもんだよ」(p256)

日本の観光地も、まだまだ沢山の素晴らしい観光地があるんだろうな!って可能性を感じる小説です。

「県庁おもてなし課」が面白かったら、次は「レインツリーの国」を!

「県庁おもてなし課」を読んでみて、小説の雰囲気が良かったら、ぜひ次は、「レインツリーの国」を読んでみてください。

私は、「レインツリーの国」がすっごく好きで、有川浩さんの作品を読むきっかけとなった小説です。

ひとつだけ注意点があります。「絶対に事前にあらすじを読まないでください」

清涼感満載の青春小説です!オススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【超就職難の絶望】『韓国ワーキングプア 88万ウォン世代』ウ・ソックン、朴権一

韓国の場合、20歳で自分の愛する人と一緒に暮らしたいと考えた瞬間、地獄が目の前に広がることになる。独

記事を読む

【痛快!!】『30代こそ「奴隷」から抜けだそう!』「世間の空気」に流されず、「自由」に生きるための25の習慣~鈴木進介

「キミはいろいろと勉強してマッキンゼー風の言葉遣いで提案書を持ってくるけど、何を言いたいのかサッパリ

記事を読む

岡田斗司夫の名著『ぼくたちの洗脳社会』が無料で読める!

農業時代の人々は、狩猟時代を振り返って、「いつ飢え死にするかも分からない、野蛮な世界」と語りました。

記事を読む

『就活のしきたり』~踊らされる学生、ふりまわされる企業~石渡嶺司

では、なぜ自己分析がここまで就活で浸透したのでしょうか。理由は簡単で、自己分析を推進する就職情報会社

記事を読む

【成功本】『お金のIQ お金のEQ』本田健

「稼ぎすぎ、貯めすぎ、使いすぎ、心配しすぐには注意しましょう。このお金は、自分と周りの人のために楽し

記事を読む

【アマゾン倉庫の実態】『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』横田増生

「僕のベゾスに対する第一印象は、童心を持ったビジネスマンというものだ。何回か話をするうちに、既成概念

記事を読む

【実践的!】『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』山田修

トム・ピータース自身が「『エクセレント・カンパニー』の中で我々はデータをねつ造した」と認めてしまった

記事を読む

【日本の可能性!】『君は、世界がうらやむ武器を持っている』田村耕太郎

現場が希望を見出しいているときに、一部の大企業の社長は「もう駄目だ」と言います。それはなぜか。代表選

記事を読む

【意外な真実!?】『ヤバい経営学』フリーク・ヴァーミューレン

「ほとんどの買収は失敗する」ということだ。もうほとんど議論の余地がない事実だ。この問題については、実

記事を読む

【ネタバレなし】で『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の紹介&感想 村上春樹新刊

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を未読・未購入のひとに、作品を紹介してみる記事です。読も

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑