【自伝】『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢』ポール・アレン

書評ノート

Pocket

「もしも起業したらどうなるか」を空想したのだ。一度、ビルに「何もかもうまくいったとしたら、僕たちの会社はどのくらい大きくなるかな」と訊いたことがある。
するとビルはこう答えた。「そうだな。まあ、プログラマを35人くらい雇えるようになると思うよ」それは途方もない話のように私には聞こえた。――『チャンス』p10

マイクロソフト共同創業者ポール・アレンの自伝

マイクロソフト=ビル・ゲイツと思いがちですが、マイクロソフトはポール・アレンと共同で創業しました。意外と知らない人が多いですよね。

IQ160といわれるポール・アレン。マイクロソフト創業の話、そしてその後の半生を綴った自伝です。

ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢

パソコンやWindows誕生の歴史、当時の状況が、細かく書かれていて、非常に読み応えがあります。勉強にもなります。

スティーブ・ジョブズの自伝と一緒に読むと、時代がリンクしており、それぞれの立場から時代を見ることができて、面白いですよ。

原題は『Idea Man: A Memoir by the Cofounder of Microsoft』。ちょっと日本語のタイトルに違和感がありますが、アイデアマンとしての半生をぜひ、ご覧ください。

前半が、マイクロソフト創業までの話。後半は、マイクロソフト株で億万長者になったポール・アレンが、次々とお金を使っていく話です。ページ数もちょうど半々。面白いのは、やっぱり前半ですね。

ポール・アレンと両親

幼少期について

母は私にこう言うのだった。「さあ、行きなさい。自分の身は自分で守るのよ!」その言葉を聞いて、外へ出る時には、少し背筋が伸びたものだ。(p28)

思い返してみると、子供の頃の私は、驚くほど科学に触れる機会に恵まれていたと気づく。(p34)

無骨なお父さんの教えが印象的でした。

他人には敬意をもって接すること、自分の言葉に責任を持つことを求めていた。(p29)

父は私がまだ幼いうちに、「将来、何になりたいか」を尋ねてきた。そして、自分が身につけた人生の知恵を授けようとした。父の人生の知恵は、「好きなことを仕事にしろ。どんなことを仕事にしても、それを好きになれ」といういたって簡潔なものだ。(p32)

私は父のアドバイスを決して忘れたことがない。「何をするにしろ、自分のすることは好きになったほうがいい」というアドバイスだ。(p264)

父は最後に、こんなことを言った。「自分の周りの人を大切にしろよ。そうすれば、皆、お前を大切にしてくれる」そう言って、また父はいつもどおり無口になり、それ以上、何も話さなかった。(p267)

ポール・アレンの幼少期を見ていると、アマゾンCEOのジェフ・ベゾスと似た印象を受けます。

ビル・ゲイツとの関係

年上だったポール・アレンがビル・ゲイツと出会ったときの印象があります。

この少年、ビル・ゲイツに関しては、すぐに三つのことがわかった。まず、非常に頭が切れるということ。非常に負けず嫌いであるということ。自分がいかに頭がいいかを証明したくてしょうがないのだ。そして、もう一つ、彼が非常に粘り強い、ということも間違いなかった。(p55)

ポール・アレンとビル・ゲイツの関係性について。

これが私たちのいつものやり方だった。私はアイデアマンだ。実現性はひとまず無視して何かを思いつく。ビルは私の話を聴いて、難点を指摘する。そして、とくにいいアイデアだけを選んで、実現のために動く。こういう具合なので、二人の協力関係には常に一定以上の緊張感があったが、そのおかげで物事が前に進んだ。総じてうまくいっていたといえるだろう。(p13)

私が目についたものすべてに興味を示し、何でも知りたがるのに対し、ビルは決して一度に二つ以上のことは取り組まず、必ず一つのことに全力を傾けた。(p56)

当時のビル・ゲイツの仕事ぶり。

深夜の作業中にビルが端末の前でうたた寝しているのもよく見た。コードを打ち込んでいる最中に、徐々に身体が前方に傾いていき、ついには、鼻がキーボードにあたってしまう。そのまま一、二時間眠ったあと目を覚まし、薄めでスクリーンを見て二度ほどまばたきをすると、すぐに何事もなかったように作業を続行する。本当に信じがたいほどの集中力である。(p122)

 

退職するときのメッセージ

ビル・ゲイツとの確執が徐々に表面化してきて、最後に、ポール・アレンはマイクロソフトを去る決断をします。ちょっと長いですが、そのときビル・ゲイツに宛てたメッセージです。

とてもつらいことだが、ふた月ほど前、僕は一つの結論に達した。そろそろ僕は、マイクロソフトを去るべきなのだろう、という結論だ。君が出張続きでずっといなかった間にスティーブに相談したんだが、彼は一度、君と直接話してみて、それから考えたら、と言ってくれた……。

君もわかっていると思うが、僕がこんなことを考えたのには一つ大きな理由があるんだ。僕は、もう、君と言い争うのに耐えられないんだよ……ちょっと難しい問題について話そうとするたびに、必ずといっていいほど君は、とんでもなく激しい言葉を僕にぶつけてくる……。

君は言葉で攻撃するんだ。その攻撃のせいで、これまでに僕一人だけで何百時間もの貴重な時間が無駄になった……何年もそういうことが続くうちに、僕たちの友情は少しずつ壊れていったし、ともに仕事をするのも難しくなってきた……最初のうちは仲間意識でやっていたけれど、そんなものはもう、とうの昔になくなってしまった。

スティーブ・ジョブズの自伝と一緒に読もう!

では、最後に、こんな引用で終わりたいと思います。

私は試しにこんなコマンドを入力してみた。

PRINT 2+2

すると、マシンは即座にこんな返答をした。

4

最高の瞬間だった。(p132)

パソコン・Windowsの誕生とともに生きたポール・アレン。彼なくしては、いまのITの姿はなかったことでしょう。ポール・アレンの歴史こそが、パソコンの歴史、Windowsの歴史と重なっていきます。

合わせて、スティーブ・ジョブズの自伝と一緒に読むと、面白いです。

パソコン黎明期に思いを馳せてみませんか?やっぱり、創業の話はおもしろいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

『仕事漂流』就職氷河期世代の「働き方」稲泉連

「10年続けたらヒラから主任、係長、課長になっていくのですが、やっている仕事は変わらない。マネージャ

記事を読む

【掴み取れ!】『チャンスを逃さない技術』勝負どころで「動ける人」に変わる:ヘルマン・シェーラー

正しい道とはなんだろう?その問いに対する1つめの答えは「君が今いるその道でいい。そのまままっすぐ行き

記事を読む

【仕事術】『自分「プレゼン」術』藤原和博

ぼくの意図は「本を漂流させてください」ということでした。そして、ロンドンとパリに2年半暮らして、96

記事を読む

【無駄な努力をするな】『できる人は満員電車に乗らない』松尾昭仁

勇気を持って人と違う行動をとること。相手の立場にたって人が喜ぶことを積極的にすること。その結果、自分

記事を読む

【生きる知恵】『WILLPOWER 意志力の科学』ロイ・バウマイスター

ダニー・オブライエンが、知り合いの「気持ち悪いほど生産性が高い」70人にアンケートを送り、整理術の秘

記事を読む

【これは必読!】『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』ぐっちーさん

はっきりいいますが日本中で悲観論が主流になるのは消費税を上げたくてしょうがない財務省のプロパガンダで

記事を読む

【爽やかな青春小説】『県庁おもてなし課』有川浩

「なぁ、いつか多紀ちゃんって呼んでいい?」「いつかって、いつですか?」「……もうちょっと俺がカッコよ

記事を読む

【実践的!】『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』山田修

トム・ピータース自身が「『エクセレント・カンパニー』の中で我々はデータをねつ造した」と認めてしまった

記事を読む

【自伝】『ザ・ラストバンカー』西川善文

私は、悪役とされることが多かった。住専問題では銀行は、住専に不良案件を押しつけた極悪人で、それに正義

記事を読む

【超就職難の絶望】『韓国ワーキングプア 88万ウォン世代』ウ・ソックン、朴権一

韓国の場合、20歳で自分の愛する人と一緒に暮らしたいと考えた瞬間、地獄が目の前に広がることになる。独

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑