【外資系に興味があるなら】『外資系の流儀』佐藤智恵

書評ノート

Pocket

CEOがもっとも気にしているのは「身長の高さ」。統計上、背の高い人は威厳があるように見えるという。「低い身長とハゲ、どっちを改善したいですか?」という問いに、65%が「身長」と答えていた。調査によると、一番格好わるいと思われるのが、バーコードのような髪型だそうだ。
――『ハゲは問題なし』

外資系企業の実態から、外資系社員の働き方、活躍できる人材、履歴書の書き方まで、様々な視点から外資家について、書かれています。

見えそうで見えない外資系

最近は、外資系について書かれた本が増えてきているので、以前ほど、外資系に対する誤解のようなものは減ってきていると思います。

たとえば、「外資系=人間関係がドライ。上司との付き合いがない」というのは、完全なる誤解だというのは、大体どの本でも書いてありますね。

著者の佐藤智恵さんは、NHK、コロンビア大MBA、ボスコン、外資系メディア、という経歴の持ち主。

前作の「ゼロからのMBA」を随分昔に読んだ記憶があります。東大卒のNHKディレクター、という時点で、「ゼロ」からではないと思うのですが・・・。

とはいえ、書き口や内容がなかなか面白い本だったので、今回、本書を手に取りました。

トップハンターが狙う経営人材

本書が書かれた2012年時点でヘッドハンティングが活発なのは、金融、消費財、ヘルスケア、IT・通信、製造業等だそうです。

その中で、特にどんな人材を狙っているのか。著者のヒアリングによると、以下のような人材です。

  • 外資系事業会社日本法人の経営幹部・管理職
  • 外資系コンサルティング会社出身者
  • 外資系金融機関出身者
  • 大手日本企業の経営幹部・管理職で海外駐在経験がある人
  • 大手日本企業の本社でグローバルな規模で本社業務を経験した人(広報、人事等)
  • 海外の大学院を卒業している人(ビジネススクール、ロースクール等)

「外資系企業は、日本企業のベストプラクティスを持ってきてほしいわけです。若いうちから、事業の責任者になっている商社の方の評価は高いですね」

「ヘッドハンターを利用して大手グローバル企業が採用するのは、創業者タイプよりも、大手企業の組織を経験してきた人です。マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックの創業者)タイプは求められていません」(p39)

さらに、ヘッドハンティングされるには、普段どういう心構えで仕事をすればいいのか。ヘッドハンターの証言によると、

ゼロリセットできる人、謙虚な人、エネルギーレベルが高い人は、こちらも自信を持ってクライアントに紹介したいとおもいますね。よく、『どうやったらヘッドハンティングされますか』と聞かれるのですが、『目の前の仕事を一生懸命やって、一目置かれるリーダーになってください』とお答えしています。外資系でも日系でも、われわれは、経営幹部・幹部候補を探しているわけですから」(p39)

とのことです。とりあえず、目の前の仕事で成果を出すこと、それが重要なんでしょう。とはいえ、高学歴・大企業の話だと思いますが。

外資系の採用について

プレゼンテーション能力、やっぱり大切なんでしょうねぇ。弁が立つ人が多い印象ありますもんね。

大手グローバル企業の新卒採用では、プレゼンテーション能力をよく見ているという。英語でも日本語でもプレゼン能力は外資系では必須。新卒で日本ヒューレット・パッカード(日本HP)に入社したAさん(30代・女性)は、「HPを目指している方には事前にプレゼンテーションの練習をすることを強く勧めますね」という。自分の主張を論理的に語れるかどうかが、評価の大きなポイントだそうだ。(p63)

外資系のキャリアパスのイメージについて。

「日本企業の人事の方は、僕が二十年から三十年働くことを前提に話をしますよね。反対に外資系は、三年から五年のスパンで話をします」

外資系事業会社の日本法人では、二十代から三十代の若手社員を中途採用で雇用するとき、最初から「幹部候補」と「専門職」で分けて採用することもある。

実は、Aさんは幹部候補として採用され、Bさんは専門職として採用されたのである。外資系企業の日本法人では「何十年もマネジャー」という人が結構いるが、実は皆、専門職採用で、給与は上がっても職位は上がらない

外資系企業では、候補者のスペックによって採用時にどこまで出世させるか(あるいは、全く出世させないか)、だいたい決めているのである。(p68)

外資系という企業

個人的に面白かったのが、ローカライズされているかどうかの目安について書かれている部分。

業績がいい日本法人はローカライゼーションが進むと言われている。日本のやり方で成功していると認めてもらえるからだ。どの会社がローカライゼーションが進んでいる会社か、見分ける一つの目安として会社名がある。

一般的に、会社名に漢字で「日本」がついている会社はローカライゼーションが進んでいる日本法人、会社名の最後にカタカナで「ジャパン」といういている会社は、本社の権限が強い中央集権型企業の日本法人だと言われている。

前者の代表格が日本IBM、日本マクドナルド、日本コカ・コーラ、日本マイクロソフトで、後者でいえばアップル・ジャパン、スターバックスコーヒージャパン、GEヘルスケア・ジャパンなどがあげられる。

なるほどねぇ、と。

外資系に勤務すれば海外で働けるのか?

外資系で働くと、世界を股にかけて仕事ができるようなイメージがありますが、実際は全然違いますよね。

外資系でうまくキャリアパスに乗っていければ別なのですが、意外と、多くの人が、国内に留まって仕事をしています。

外資系企業の日本支社から海外本社への転勤は、実は至難の業なのである。

多くの外資系企業の日本法人の採用は、日本企業でいう地方支店の地方採用と同じ。ずっと地方で働くことを前提として採用しているのである。本社に転勤させて育てようなんていう気はさらさらない。海外本社で働きたかったら、自分で求人を見つけて面接に行って、本社に「転職」するしかないのだ。

海外で働きたいのであれば、日本企業の方が余程チャンスがある。(p158)

日系メーカーなどの方が、駐在勤務が多いのが実際的な話な気がします。私の周りでも、海外で働いている人は、わりと国内企業が多い印象です。

「海外で働く」、「海外を相手(お客さん)に働く」、「海外の人(上司・社員)と働く」というのは、似ているようで全然違いますよね。

外資系企業で部署間移動ができるのは、リーダー候補として採用された人か、リーダーとして素質があると認められた人。こういう特別な人たちは、会社の「リーダー育成プログラム」の下、部署間異動、時には海外赴任まで経験しながら、経営幹部として育てられる。(p173)

「日本GEといえでも、残念ながらグローバル企業のローカルオフィスであることに変わりはない。次に転職するなら、、自らが世界中を飛び回ってグローバルな仕事ができる『日本企業』と決めていました」(p189)

GEは、採用の段階で、幹部候補生採用として、リーダーシッププログラムに進むキャリアがありますよね。

グローバル企業のトップの特徴

では、最後に、そんな外資系のトップに立っている人たちの特徴を。なんとなく、スティーブ・バルマーをイメージしながら読んでいました。

  • 恐ろしく弁が立つ(コミュニケーションの技)
  • 社内政治に長けている(コミュニケーションの技)
  • 弱みを絶対見せず、プレッシャーに強い(精神力)
  • 異常に長時間働く(体力)
  • 十分お金持ちなのに戦うことをやめない(体力・精神力)

全方位的にすごくないと、グローバル企業でトップにはなれませんよね。まー、なんかすごい世界です。

書評のまとめ・感想

この手の本はどうしても、どこかに視点が偏ってしまうことは仕方がないと思います。客観的に論じるのは、難しいですよね。

本書は、外資系でぐんぐんキャリアを築いていきたい人には、参考になる部分もあるのではないでしょうか。高学歴で、MBA取得を考えているような一握りの人たちかもしれませんが。

外資系で働く人、働きたい人は、以前に比べて増えていると思います。就職・転職を考える上でも、間違ったイメージを持ったまま外資系に入社すると、あとで大変です。

社内の仕事、階層的なキャリアの構造など、知っておくとタメになる情報が多いのではないでしょうか。就活前に読んでおくのもいいかもしれませんね。

さらっと読める新書なわりに、色々役立つ情報も満載です。読みやすい本ですので、ご興味ある方は、ぜひ一度ご覧ください。

次に読みたい関連書籍 & オススメ本

最初にご紹介しましたが、著者佐藤さんが、MBA取得までを綴った体験記。

トップが自分たちのキャリアを振り返る、「外資系トップの仕事術」が、外資系キャリアのイメージがつかめやすくて、面白いです。

あと、奈良タカシさんの本が面白いんですよね。他にも本を出して欲しいくらいです。

著者の奈良さんは、外資系転職サイト「Dai Job」で現在も、連載を続けています。

タカシの外資系物語
(つい先日、一時休載になってしまいました・・・)。

外資系関連の本は、まだまだ沢山ありますが、また次の機会にご紹介したいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【アマゾン倉庫の実態】『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』横田増生

「僕のベゾスに対する第一印象は、童心を持ったビジネスマンというものだ。何回か話をするうちに、既成概念

記事を読む

【やってみたい!】『ビブリオバトル』本を知り人を知る書評ゲーム | 谷口忠太

本をよく読んでいる生徒が、教室の片隅に座っているのではなく、クラスのヒーローになる。そんな世界があっ

記事を読む

【ハフィントン・ポスト創設者】『誰が中流を殺すのか』アメリカが第三世界に堕ちる日 – アリアナ・ハフィントン

「アメリカ人の5人に1人が失業中か不完全雇用の状態にある。9世帯に1世帯がクレジットカードの最低支払

記事を読む

村上春樹的マーケティング活動 ~『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に関する戯言~

4月12日に、いよいよ村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売されますね!

記事を読む

【無駄な努力をするな】『できる人は満員電車に乗らない』松尾昭仁

勇気を持って人と違う行動をとること。相手の立場にたって人が喜ぶことを積極的にすること。その結果、自分

記事を読む

『「先延ばし」にしない技術』イ・ミンギュ

いちばんやりたくな仕事、いちばん恐れている仕事のほとんどは、あなたが絶対にやらなくてはならないことだ

記事を読む

【仕事 ✕ 漫画】『マンガに教わる仕事学』梅崎修

職場の魅力を発見し、仕事を通じた学習体験の面白さに気づけること!それこそが、これからの日本社会におい

記事を読む

[外資転職者必読] 名著『英文履歴書の書き方』が新しくなった!Linkedinにも対応!

英語書籍コーナーに立ち寄ったら、『英文履歴書の書き方』の最新バージョンが発売されていました!大幅に内

記事を読む

『パパラギ』はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 | ツイアビ

そう、おまえは誕生のときにさえお金を払わねばならず、おまえが死ぬときも、ただ死んだというだけで、おま

記事を読む

【高校での熱い指導】『就活先生:内定を勝ち取るための31のステップ』竹中 紳一

まず、絶対に自分を信じること。過去の自分がどうだったかなどは問題ではありません。過去は過去、後悔して

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑