【掴み取れ!】『チャンスを逃さない技術』勝負どころで「動ける人」に変わる:ヘルマン・シェーラー

書評ノート

Pocket

正しい道とはなんだろう?その問いに対する1つめの答えは「君が今いるその道でいい。そのまままっすぐ行きなさい」。2つめは、「心の赴くほうへ行きなさい」。3つめは「とにかく自分の頭で決めなさい!」。要するに、3つともほとんど同じことだ。
冷静で居ること、自分を信じることを人はつい忘れてしまう。だが、本当に歩みたい道に関係のないものは、たとえ無料で差しだされても断るべきだ。――『「自分が進んでいる道が正しいかどうか」の見極め方』

日常をちょっと変えるヒントになるかもしれません。

aaa

著者は、多大な負債を持った食料品店を父から受け継いだ後、チャンスを逃さず成功してきた経歴があります。

それゆえ、今の状況を言い訳にして成功しないと考えるのは早計だ、と述べています。

この本が特徴的なのは、原書がドイツ語である、ということですね。ドイツ人が語る成功本です。

▼目次・要約や著者情報は、楽天のページをご覧ください
チャンスを逃さない技術

チャンスの6つの特徴

本書の核となる考え方です。

  1. チャンスはごくありふれたものである
  2. チャンスは時として見えないことがある
  3. 必ずしもビジョンは持っていなくてもいい
  4. チャンスは労せずして懐に転がりこんでくることはない
  5. チャンスは必ずしも「未来」にはるわけではない
  6. チャンスは必ずしも「ルール」に則っているわけではない

計画を立てるだけでは意味がない

1つたしかなことがある。計画を立てる行為にはあまり意味がない。計画は失敗を補うために立てるものだ。人生には予想外の出来事がたくさん起こる。だからチャンスをつかむには、スキルを磨き、チャンスを見つけて、活かすほかない。(p18)

計画だけを立てて、それに基づいて行動するだけではなく、目の前にあるチャンスを逃さないことが大切、ということですね。

目標や計画に縛られて、リスクが取れず、チャンスを見逃す、っていうことはありえる話です。計画通りというのは、予想外の飛躍を逃す可能性が出てきます。

気になるところをピックアップ

いくつか面白かった文章をご紹介します。

ときどき家の中を見渡して、捨てるものを100個選び出すのだ。(p51)

掃除をするとき、まず先に数を決めて捨てていく、っていい方法だなと思いました。掃除が苦手な私には、このくらい強制力が必要なのかもしれません。

「ツァイガルニク効果」というものがある。「人はまだ達成できていない事柄のほうを、達成できた事柄よりもはっきりと思いだせるという現象」である。(p54)

やらずに後悔するより、やって後悔する方が良い、という話です。

理想像を持たないリーダーはすぐにアメとムチの原理を使う。(p264)

これは、なるほどなぁと。

人生の理想像を自分で思い描ける人は、腹で直感的に感じたことを、頭で冷静に判断できる。(p2659s

直感と理性のバランスですね。一生懸命考えて、その後直感で決める、というのもありますね。

チャンス・インテリジェンス

チャンスを逃さない技術、「チャンス・インテリジェンス」を高めよう、という話です。

チャンス・インテリジェンスの高い人は常にスキマを探している。決まりきった暗黙のルールを破れる場所を探しているのだ。

チャンスを見極めようとし、ほかの問題を探そうとしてる。不可能に見えることも、それが本当に不可能なのか検証し、あれとこれとを結んで考え、その結びついたいものを見て、完成図を予想し、どこにパズルのピースをはめればいいか考える。

そんなふうに作業をつづけていれば、1時間後には5000ピースが完璧にはまったパズルが完成しているかもしれない。(p278)

常識・ルールの範疇だけで考えると、チャンスが見えてこなくなるかもしれません。

書評のまとめ・感想

勝負どころで「動ける人」に変わる、というタイトルの通りで、いつでも一歩前に踏み出すことができるような心構えを身につけましょう、というのが大まかな本の内容です。

そういう意味では、自己啓発書の範疇ですね。

チャンスにフォーカスしていること、ドイツ語圏の本であること、著者の経歴、この3点が特徴的だといえるでしょう。

最近、ちょっと守りに入っているな、と感じていたので、ちょうどいい1冊でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【生きる知恵】『WILLPOWER 意志力の科学』ロイ・バウマイスター

ダニー・オブライエンが、知り合いの「気持ち悪いほど生産性が高い」70人にアンケートを送り、整理術の秘

記事を読む

【ヒトラー✕橋下徹】『独裁者の最強スピーチ術】川上徹也

ヒトラーの最大の武器は「言葉」であり「演説」だった。「演説」の力で独裁者になったといっても過言ではな

記事を読む

【一度は読みたい】『サラリーマン漫画の戦後史』真実一郎

サラリーマンには2種類しか存在しない。『宮本から君へ』が大好きなサラリーマンと、『宮本から君へ』が大

記事を読む

【仕事術】『自分「プレゼン」術』藤原和博

ぼくの意図は「本を漂流させてください」ということでした。そして、ロンドンとパリに2年半暮らして、96

記事を読む

【爽やかな青春小説】『県庁おもてなし課』有川浩

「なぁ、いつか多紀ちゃんって呼んでいい?」「いつかって、いつですか?」「……もうちょっと俺がカッコよ

記事を読む

【何歳でも読みたい】『40代を後悔しない50のリスト』大塚寿

「常に10年後とか20年後の目標設定をして、『なりたい自分』の世界に生きているので、今を生きていない

記事を読む

『仕事漂流』就職氷河期世代の「働き方」稲泉連

「10年続けたらヒラから主任、係長、課長になっていくのですが、やっている仕事は変わらない。マネージャ

記事を読む

【問題本】『ユニクロ帝国の光と影』横田増生

「ユニクロの店長だったときは、毎日15、16時間は働いていましたね。それが何年もつづいていたので、肉

記事を読む

【ホリエモン節】『君がオヤジになる前に』堀江貴文

ビジネスでは、この小利巧な人がいちばん損をしている。理解力も学歴もあるけれど、ためらうから突き抜けら

記事を読む

『パパラギ』はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 | ツイアビ

そう、おまえは誕生のときにさえお金を払わねばならず、おまえが死ぬときも、ただ死んだというだけで、おま

記事を読む

 
  • 名前:いろはに(@irohani_123

    30代のサラリーマンです。のんびりとした日々を送っています。書評、英語、気になったニュース等をアップしていきます!

    >>詳細プロフィール
    >>お問い合わせ先




PAGE TOP ↑